日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

審査の結果

 先日の火曜日の稽古、管理人は参加できませんでしたが、しっかり稽古できたみたいですね。

 さて、その代わりと言ってはなんですが....

 先週末の日曜日、昇段審査がありました。

 しばらく前にもこのブログで書きましたが、道場からは男の子1人と女の子2人が審査を受けに行く予定でした。

 で、普段の稽古を見ていると「1級」の実力はあるのか??
 そうですね、みんな移動基本の形は綺麗ですが、それでいいのか.....?
 
 組手。  どうでしょう、さすがに男の子は上手だと思いますね。
 じゃあ、女の子2人は?
 こちらも、悪くはないと思います。

 形。   これは....  少し「軽い」!?
 やっぱり形は「技」ですから、有効な「技」が出ないといけないですよね....
 挙動ができているだけでは、初段の資格はあるのかな!?

 
 審査の結果。
 男の子と女の子1人が審査に合格しました。
 でも、残念ながら女の子のもう一人は不合格でした。

 管理人の印象では、「事前に予想した結果がそのまま出てしまった」という感じです。

 合格した2人は、もっともっとレベルアップできるように頑張って!
 そして、不合格になってしまった女の子は、「次」を目指して足らなかったものを身につけられるように!

 「黒帯」を締めると、中身も黒帯になってくるんですよね、不思議と!!

 
スポンサーサイト

祝日はお休み

 仁武館は祝日は「稽古」はお休みになるのです

 だから、昨日の夜はみんなゆっくりしたんじゃないかな....

 
 金曜日の稽古についての更新が遅れてましたね。
 
 今月末に行われる「昇段審査」を想定しての稽古が中心になった感じです。
 先日の昇級審査で「1級」に昇級した子は「昇段審査」を受験する資格ができました
 昇級を目指して稽古をしてきて、その流れで昇段審査を受ければモチベーションも維持できているはずですから、合格し易いのかも知れません。

 現在、「1級」を持っている子は3人になります。
 男の子が一人、女の子が二人。

 管理人の予想ですが、男の子の場合は「気持ち」が前面に出て、それが挙動に乗ってくれば合格でしょう!!
 
 女の子の場合。
 これについても同様のことが言えるかと思います。
 女の子の一人は、稽古が締まった後に管理人の横で少し挙動を見せたので、ちょっとアドバイス。
 どうしても「きれい」に見える半面、「力強さ」や「激しさ」みたいなものが薄くて、これが「見える」ようにならないと、合格はどうか.....

 もう一人の女の子は、それをさらに推し進めた感じ....

 移動基本をやっているところを見ても、「かたち」がよく見えるばかりで、先生の言葉でいう「パワー」や「スピード」が前面に出てこない。

 経験年数はそれなりですから技術は上がっているものの、精神面と言う事になると難しいですね。


 ここ数回、受験モードに入っていた中学3年生が顔を出しています。
 前期選抜で合格した子もいますし、後期一般を終了して、とりあえず解放された時間を使って稽古に参加している子もいます。

 そんな子たちも、先日の合格発表を待って見事、志望校に合格することができました。

 高校生活が始まっても道場に稽古に来れるかどうか、本人たちの気持ち次第ですが、これからの3年間を有意義に使っていって欲しいものです。

 みんな、それぞれおめでとう

火曜日

 今夜の稽古、管理人は遅れて参加。
 道場に到着すると、みんなは組手の稽古中。

 準備運動をしていたら、組手も終了。
 最後に「形を一回やります」と言う先生の言葉。
 選定形から選ぶことになりました。

 「選定形」と言っても、低学年の色帯さんたちは理解できていません。
 平安形とか始めちゃっていました....

 まあ、仕方ないですが....

 管理人もこれだけはやりましたが、一回の形で息が上がってしまいました。
 動いていない身体を、いきなり「全開」で動かすのは無理がありますね、やっぱり

 そして稽古は締め。

 「先日の昇級審査の結果を報告してください」

 先生のかけ声で色帯さんたちが前に並びます。
 下の方から「僕は仮6級から6級になりました」とか「私は仮5級から5級になりました」とか...
 半級しか上がれない子が多いのです。

 半級ではなく、一級上げた子は3人くらい??
 なんだか煮え切らないというか、そんなことでいいのか!?

 先生は「普段の練度を見られた結果」と言っています。
 その通り、普段の稽古がまだまだしっかりできていないんじゃないのかな?
「自分の三か月」は他人から見れば「半級」だったと言う事が、この結果です。

 別に先を急ぐ必要はないんです。
 自分が「できる」「できている」と思ったら、審査を受けて確実に上がっていけばいいんじゃないかな....
 ライバルが、同じ学年の子が、自分より「先」に行くことに不安があったり、「負けられない」という密かなプライドがあったり....

 わかります、その気持ち

 でも!!

 それなら、もっともっと頑張っていいはずじゃない~!!!???
 と言う事で、頑張ってね、みんな。

週末ですが

 今日の日曜日、長野市内の各支部合同の昇級審査会が市内川中島町で行われました。

 今回を持って、各支部が一堂に会しての審査会は終了とのことです。
 会場になっている体育館が改修に入って、使えなくなってしまうと言うのがその大きな理由の一つのようですが、子供たちに混じって、その場所で審査を受けてきた身としては何とも感慨深いものがありますね。

 道場単独で審査をすることもあるようですが、仁武館は管理人が関わってからというもの、一度も審査会をしたことはありません。
 審査会の当日が都合が悪くて、別の日の稽古の際に「その子だけ」と言う事が記憶の範囲で一回ありました。

 昇級審査を受けていた当時を知っていらっしゃる方たちは、たぶん「よくやってるねぇ」と半ばあきれていたと思いますが....

 級が進むにつれて、待ち時間も長くなってきますから、その間に別の道場の保護者の方に「お菓子」をもらったりして凌いだことを覚えています
 今となっては良い思い出です。

 と、昔話になってしまいましたね

 実は、今日の審査の結果は聞いていないのです。

 金曜日には、審査会のために組手と形の練習の時間をとって、先輩たちも指導していたのですが....

 指導者が「受験可能」と判断しないと、審査を受けられないのが仁武館です。
 そうは言っても、指導者は割と「自分のレベル」で判断してしまうので、かなり厳しい部分もあると思います。
 そう言う管理人も、実はその傾向があるかも.....
 
 でも、それは「仁武館にいるなら、そのくらいはやって欲しい」というのが本音なんですよね。
 だから、みんな自ずと厳しく見るようになる。

 指導を受ける方はかなわないかも知れないですけど....

 金曜日の時点では、最終的に「全員が受験することができる」段階まで、もっていきました。
 それが今日の日曜日に「出せたか??」が明暗を分けるところですね。

 この審査会で「一級」となった者は、今月行われる昇段審査を受験するのだと思います。
 ここで、もうひと踏ん張りですね。
 昇級審査とは、一味違うぜ!!

 と言う事で結果は火曜日に判明!
 

 

稽古すれば上達できる

 今の時期、稽古は若干早めに開始されて、前半・後半と別れて行われています。
 前半の稽古はいつも通りの稽古。
 後半は大会出場を目標としている選手候補の稽古。 これは自己参加ですけど....


 前半の稽古では、その場の基本と移動基本に重点が置かれました。
 その場の基本では、「蹴上からのエンピ」を集中してやったのですが、これもなかなかうまくいかない挙動ですよね。

 管理人も「しっかりやるのは当然でリズム感がない!」と一刀両断にダメ出しを食いました。

 まあ、そうは言っても上手くいかない色帯さんたちの動きを見ていると、直してあげることくらいはできます。
 アドバイスをすることはできても、それを実行するのは当人たちですから、何度も繰り返し練習して、その中から何かきっかけを見つけてもらうしかないんですよね。

 これは移動基本にも同じことが言えます。
 紫帯の小学6年生の男の子から指導をお願いされて、その挙動をチェックしました!
 身体も大きくなって、力もついてきています。
 でも、それがためにガチガチの動きになってスムーズに動けなくなっているのです。

 一部分の筋力を使って挙動をするのではなくて、身体全体のスムーズな体重移動の中から腰を押し出してつなげていく...というような動作を身に着けるには、まだもう少し時間が必要です。

 「ある日突、然開眼する!」と言ったドラマチックな展開があれば、それはそれで凄いことだと思いますが、地道に何度も繰り返す中で身体が自然に覚えていくものでしょうし、逆にそうでなければいけないのだとも思います。

 まだまだ時間はかかるだろうけど、頑張ろうね。

 移動基本では弐段の基本も行われ、管理人もその中に入ってやったのですが、すっかり間違えて動いてしまい、見本にもなりませんでした。
 常日頃、繰り返していなければ身に付きません.....

 組手も行われましたが、すでに時間は移動基本までにかなりの部分を使ってしまっていたので、そこそこに終了。

 そのあとは大会組の練習です。

 ここ数回、中学3年生になってから、受験対策のために道場に顔を出していなかった男の子が稽古を再開しています。
 聞くところによれば、高校入試の前期選抜(自己推薦)の試験を見事にパスして、高校合格したそうです。
 おめでとう、一年間頑張ってきたかいがあったよね。

 高校生になってからは、自分のペースに合わせて空手を続けていけばいいと思います。
 高体連の大会なども入ってくるでしょうけど、それも本人次第。

 楽しく、長く続けていけることが大切ではないでしょうか。
 その中で、結果が目に見えるということであれば素晴らしいことですが。

 やっぱり、道場に来て稽古しなきゃ!

FC2Ad