日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

体を解す

 稽古日です。

 今日は午後からお天気は良くなってきたものの、気温はぐっと冷え込んでいました。
 と言う事は道場の中も同じ状況.....!?

 いやいや、とんでもなく寒かった!
 気温はマイナス3度
 なんてこと....

 そうはいっても稽古が始まって体を動かしていくにつれ、寒さも関係なくなります。
 まあ、ヒーター全開だったせいもあるのですけどね

 正月ボケして鈍った身体を徐々に解していきます。
 柔軟体操を念入りにやって、走ったり、補強運動をしたり...
 かなりの時間をそういった運動に割いて、徐々に「動ける」身体に戻していきます。

 そのあとは基本の稽古をして、組手の挙動を少し....

 更に二組に分けて「相撲」をやって、一旦稽古は締めとなりました。

 でも、「空手」の稽古もしっかりやりましたよ。
 締めてから、追い突きの挙動を行い、先生にOKをもらえば上がりです。

 今夜は見学の方が見えていました。
 お母さんと年長さんくらいの女の子です。
 稽古にも少し参加していきましたが、本人は楽しかったのかどうか....
 
 また来てくれると嬉しいですね
スポンサーサイト

準備運動

 新年会も終わり、いよいよ稽古が始まりました。
 新年早々ですが、管理人は都合で欠席でした。

 稽古の内容については、身体をほぐす運動が主体で本格的な空手の稽古はまだまだ.....

 今月は少しづつ身体を動かして、そして空手の基本稽古に繋げていくという感じになります。
 子供たちには「運動」として楽しい時間なのかもしれないのですが、人生半ばを過ぎた管理人には何をしても大変なことは変わりないのです。

 とは言っても、これをやるからそこそこの体力が維持されて、日々を楽しく過ごせるのですからこんな嬉しいことはありません。
 子供たちと一緒に楽しく時を過ごし、健康を維持できるのですから道場の存在は大きいのです。

 時には酷い怪我をすることもありますが、過ぎてしまえばそれも笑い話です。

 次からは頑張りますよ!

稽古始め

 新年も「松の内」も過ぎて、伝統行事である「どんど焼き」も各地で終わったかと思います。
 さてさて、空手の道場も新年元旦から稽古を始める道場もあれば、仁武館の様にしっかり松が明けるまではお休みする??という道場もあるかも.....

 先生の仕事の都合もあったり、「しっかり休養を取って、新たな気持ちで稽古に臨む」という意味もあったりで、火曜日に2012年の稽古が始まりました。

 とは言うものの、本格的な稽古は明日の金曜日からです。
 火曜日は道場の掃除をして、そのあとは場所を移しての新年会となりました。

 稽古始めに出席したのは門下生の三分の二位だったかな....
 中学生の受験生や、都合で出席できない子も少し居たようですから。

 掃除の後の新年会は、近くの公民館に場所を移して行われます。
 夕飯も兼ねているので、子供たちはまずカップラーメンでお腹を膨らませて、それからお菓子やジュースで楽しく時間を過ごします。
 先生のお手製のジェスチャーゲームは恒例の出し物です。

 保護者が準備をして新年会が終わるのを、お茶を飲みながら正月休みの話をしながら待ちます。
 
 公民館のすぐ近くに住んでいる高校生になった先輩もチャッカリ参加して、カップラーメンを食べて帰っていきました。

 でも、そうやって帰って来れる場所と雰囲気がいいもんだと思います。
 いつまでも「仲間」ですから。

 管理人も掃除が終わったら、一旦帰宅する予定が公民館でお茶を飲みながら、いろいろな話をして居残ることになってしまってお腹が空いてしまいました。

 今年の新年会は、女の子の比率が多かったせいか、静かな会になったようです。

 それでも、みんな十分楽しんでクリスマス会のなかった分、プレゼント交換をしてお開きとなりました。

 さあ、新しい年が始まりました。
 みんな、今年も頑張るぞ~!!

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
 
 2012年、皆さんは新しい年をどのように迎えられたでしょうか?
 長野市は晴れ渡った空に星が綺麗な夜、管理人は近所の神社に「二年詣り」に行ってきました。
 
 今の時代、大みそかの過ごし方も人それぞれ変わってきていますが、管理人は旧い人間なので、昔ながらの「紅白歌合戦を見てから、ゆく年くる年が始まったら二年詣りに出かける」というパターンを繰り返しています。

 二年詣りの行先は、その年々で変わってきますが、その行先にはたくさんの人がいることを考えると、まだまだ日本の古き良き風習が、みんなの心の中に残っていると感じられます。

 新年の迎え方も、カウントダウンライブに行ったり、越年登山だったりとそれぞれの楽しみ方もありますが、2011年は特に「東日本大震災」の影響もあったりして、二年詣りに足を運んだ方も多かったのではないのかなと思ったりもします。

 お賽銭を挙げて頭を垂れるときは、だれでも「何か」を願うものです。
 
 今年もわが道場の門下生は、何をお願いするのかわかりませんが、それぞれ自分なりの努力によって昨年以上の結果を残すことができれば、それはその人なりの願いがかなう「幸せ」となるのではないでしょうか.....
 
 さて、管理人も体力を維持できるように、そして出来れば今以上のレベルアップを目指して頑張りたいと思います。

 みなさん、今年も頑張っていきましょう!!
 

FC2Ad