日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

更新遅れましたが....

 先日の金曜日の稽古。

 暑かったんですよね、日中から....
 基本の動きをしているだけで、汗だくです。

 移動基本では、「上げ受け逆突き」と「前蹴り三本突き」がお題になりました。
 これって、「慈恩」の中に出てくる動きですね。

 受けの半身から、逆突きの入身の移行が出来ているか?
 受けの極め、突きの極めが出来ているか?

 そんな所がチェックポイントになっていた感があります。

 前蹴りの的は正確か?
 掻き分けの構えが崩れていないか?
 一本目の突きがしっかり力強く極まっているか?
 連突きに腰が入っているか?

 これもそんな所がポイントだったのかな....

 珍しく、管理人が最後まで残ってお手本をやりましたけど、イマイチだったですね

 この後、この移動基本を踏まえての形稽古だったのですが、「慈恩」と「観空大」をやりました。
 それぞれに選んで良かったので、管理人は「観空大」を。
 本当は移動基本でOK貰っていたので、「慈恩」の方がいいんでしょうけど、最近やっていなかった「観空大」にしてみました。

 まあ、OKが出ないのは当たり前の話ですが、挙動はしっかり出来たと思います

 これにかなりの時間が費やされてから、組手の稽古になりましたから、みんな集中できなくなっていたかも知れないです....
 一本組手の挙動で、先生の指示の挙動を行う際に、普段全くやらない挙動を指示されたので、みんな困ってたね。
 頭で理解しないと、なかなか正しい動作は出来ないね。

 稽古が締まった後、昇級審査の結果をそれぞれ申告しました。
 半級しか上がれなかった者、なんと1級半上がった者、それぞれに自分の「今」が結果として出たのですから、次回に向けてしっかり稽古しようね。
スポンサーサイト

昨夜は...

 例によって、管理人は遅れて参加です。


 昨夜は、基本のメニューの後に形の稽古に入ったようで、管理人が到着した時には「平安初段」をやってました。
 各挙動ごとに、上がる者、落ちる者、それぞれですが、最後まで残ったのが中学生の女の子二人。
 確かに今、道場のトップにいるであろう二人です。

 そこからは組手の稽古です。

 約束組手の際の「間合い」と「寸止め」の注意をされました。

 「約束組手は、自由組手に進んだ時に、間合いに入ったときに、直ぐに反応できるように訓練している」
 
 それに近づけるように頑張ります

 最後に組手の試合をして、稽古終了。


 日曜日に行われた昇級審査の結果発表は、また次回と言う事に落ち着きました。
 かなりの人が、帯の色が変わっていたと、管理人は見ましたが.....
 実際の所、どうでしょうね

 発表は次回に持ち越されました。

嬉しい話

 先日、先生から「世界大会参加者には本部から道着が支給される」とのお話。

 

 詳しく聞くと、

 ○ メーカーは何処でも構わない。
 ○ オーダーメイドは禁止。(しかたないよね)
 ○ 胸には日本代表の証「国旗」の刺繍を入れる事。

だそうです。

 前回.... と言っても、2006年シドニー開催の世界大会の時は、お揃いのエナメルバックが本部から支給になったのですが、今回はかなりグレードアップしちゃいますね。
 胴衣一着ともなれば、2万円位しますよね!?

 エナメルバッグとは比較にならないアップです。

 今回、嬉しい事に道場からは、3名の選手が代表になっています。(スゴイ!)
 これも道場始まって以来の快挙ですが

 最近、胴衣を新調したばかりの者もいたりして、タイミング悪かったような気もしないでもないのですが、普段から「JAPAN」って胸に着けた胴衣を着ていると、なんだか恥ずかしいかも知れないですし、稽古でダメ出しされたら、それこそ「JAPAN」が泣く

 それぞれ、これ!と思ったメーカーにオーダーして、最高の胴衣を作ってくださいね。

 先日、ローカル紙に県南部の道場から、3兄弟が同時に世界大会代表になったと言う記事が取り上げられていました。
 ご覧になった方も多いかと思いますが、これも嬉しいのは当然ですが、保護者のご苦労はいかばかりかと要らぬ心配をしてしまいますね。

 長野県から代表になっている選手のみんな、最高の成績を目指して頑張ってください!

目前に迫りました

 週末、昇級審査になります。

 ここ数回の稽古は、昇級審査の対策稽古になっていましたが、今夜も集中的に頑張りましたね。
 基本、組手、形....
 それぞれを指導者のOKを貰わないと、審査の受験が危ういと言うこのシステム。
 やっぱり、みんなに気持ちよく昇級審査を受けてもらいたいとは思うのですが....
 管理人も、組手の審査をしましたが、少し厳しく見すぎたかなと思っているのが本音ですけれど。

 全ての項目にOKをもらえたのは、10数人でした。

 そこで、有段者と一緒に移動基本に入ります。
 各級別の移動基本を、有段者も一緒に実施しました。

 管理人は5級受験の4名と一緒に移動基本をやる事に。
 久しぶりの昇級メニューに息が上がって大変でした...

 いろいろありましたが、最終的には全員?が審査を受験すると言う事になるみたいです。
 
 これも、なかなか難しい判断を迫られます。
 実際に、審査に行って見て自分の実力不足を思い知らされるのか....
 それとも、道場の有段者の目が厳しすぎるのか....

 どちらにせよ、日曜日に結果を言い渡されるのは、受験する君達、本人です。

 審査を受けるからには、思い切って元気よくやってきてね。
 「気合だけは他所の道場に負けないように」

 先生は、気持ちだけは負けないようにと言っているのです。
 結果はどうあれ、気持ちは「合格」を目指して頑張ってきてくださいね。

 健闘を祈ります。

恒例のイベント

 今日の日曜日。

 昨夜までの雨が心配されましたが、うす曇の過ごしやすいお天気になりました。
 誰の行いが良かったのでしょうね

 午前10時30分からの開始と言う予定でしたが、管理人が会場の公園に到着した時には既に設定の準備が終わってしまっていて....
 準備していただいた保護者の皆さん、スミマセンでした。

 今日の参加者はほとんど全員だったと思うのですが、なんだか子供達の数が少なかった様な印象を受けました。
 気のせい....!?

 今年のバーベキュー大会は「焼き物」の担当が手際よくて、お肉や焼きソバの調理のスピードが速かったですね。
 一時は鉄板が燃え上がって、フランベ状態でしたが.....

 このバーベキュー大会、普段は余り交流のない保護者同士が、先生を囲んでいろいろお話をして交流を図るという意味合いが多分にあるのですが、今日はどうだったでしょうか?

 管理人も普段は稽古が終われば撤収してしまう事が多いので、特別な事情がない限り、保護者の方たちとお話をすると言う時間は作れないのが実情ですが、今日は多少はお話しすることが出来たかと思っています。

 道場の事、その他の事....
 先生や、管理人がいろいろ話す中で、日の浅い保護者の方とコミュニケーションが取れていくので、恒例のこのイベントも道場の行事としては大切なんですね。

 さて、それぞれの自己紹介では、みんな今年の目標を打ち立てましたが、現実的な目標に収める子、大きく出る子とそれぞれですが、目指すところが目標なので、それが達成できるように頑張ろうね。

 長時間、楽しいイベント作りにご協力いただいた保護者の皆さん、ありがとうございました。
 お疲れだったと思いますが、この会の趣旨をご理解いただいて、また次回、新しい門下生と保護者の方がいたら、フォローしてあげてくださいね。

 この会が終わると、昇級審査があって、そろそろ全国大会への練習も見えてきます。
 目標の申告もありましたから、それに向けて頑張りましょう!

昇級間近?

 管理人が遅れて参加するのは、最近の常ですが....

 今夜は割と早目に参加できました。
 移動基本が終わった辺りでの参加でした。

 さて、帯下の者からの、それぞれの基本からチェックです。
 有段者とも同じメニューをそれぞれ一緒に行います。

 有段者でも、出来ていない部分があったりして、余り良い見本にならなかったかもしれませんが、そこで出来を判断して、有段者自身が合否を決定します。
 OK貰った者が、移動基本を実際にやります。
 ここで見ると、しっかりできているかどうかが露呈しますが、概ねOK貰った者はその通りですね。

 組手の稽古では、一本組手の出来を判断しますが、管理人は三流?扱いでした
 よっぽど悪かったんだろうなぁ....
 最近の稽古不足が祟ってますね。

 形は帯別に練習して、最後に演武しました。
 有段者はその後、自分の得意としている形を演武。
 管理人は「燕飛」をやりましたが、これは別に得意としているからではなくって、みんな同じ形ではつまらないのと、自分が練習している形だからでした。
 結果は予想通り、ダメ出しでしたが....

 やっぱり、しっかり稽古に出ないと力が落ちますね。
 でも、なかなかそうも行かないんだなぁ。
 地道に頑張ろうと思います。

 「なにかを手に入れようとしたら、その対価を払わなければならない。昇級して帯の色を変えたかったら、自分の汗でその対価を払わなければ、昇級なんて出来ない」

 先生、解りやすかったけど、年長さんには無理だったかも....

組手

 金曜日、管理人はまた遅れて参加。

 最近は上手くいきません....


 さて、組手の部では、学年別に団体を組んでの試合です。
 一番下の小学1年のチームが勝ち残ります。
 4年生との対戦あたりまで、コートに残っていました。

 元気と戦う気持ち、そんな所で勝敗がついたのではないでしょうか....

稽古が締まってから、保護者の方が来月に予定されている、恒例のバーベキュー大会の段取りをしていただいていました。
 行事の段取りは大変ですが、これも道場の運営に関わっていただくきっかけになるので、どうぞ慌てずに、楽しい会になるように、段取りをお願いします。

火曜日は

 管理人、遅れての参加です。
 高校生の女の子も、一緒に遅れて参加。
 

 既に移動基本の練習に入っていました。
 管理人は良く身体をほぐしてからでないと、予期せぬトラブルを抱える恐れがあるので、こういう時は入念に体操します。
 アキレス腱切ったり、肉離れしたりしたら敵いませんからね。

 組手の部では、そろそろ昇級が近いので「五本組手」からの練習です。
 これって、しっかり出来ない子が多いんですよね。
 間合いを上手く取れないのが原因ですが....

 そこから「一本組手」「約束組手」と進みますが、帯下の子達は「いまひとつ」の感が拭えませんね。

 さて、形の部では「平安二段」がお題になりましたが、挙動ごとのチェックでは、みんなの進み具合が良くなくって、先生が痺れを切らしました。
 と言う事で、「平安二段」は途中でおしまい。

 帯別に有段者が指導にあたりましたが、管理人は茶帯の男の子二人の「慈恩」を見ることに。

 それぞれの指摘事項を全て指摘するとなれば、時間は足りません。
 ここだけは注意してと言う所だけを指摘して、練習時間終了。

 「その帯のレベルにあるか」と問われれば.... 「?」

 頑張っているのは良く解ります。
 でも、頑張りが「結果」に結びついているかと言うと、なかなかそうじゃないんだなぁ....
 もう少し、自分で、頭で考えてやってみたらどうだろう。

 勢いだけとか、かたちだけとかじゃなくって、「こうすれば」「こうしたら」って自分でいろいろ考えて、解決方法を探してみるのも大切じゃないかな。

 そんな事を言う管理人も、実際にやってみれば「ダメ出し」だとは思いますがね....
 でも、自分で何とかしようと考えるんです。

 そうなってくると、全然違ってくると思うんだけどなぁ


 稽古終了後、先週末に総本部で行われた「世界大会代表選考会」の結果が発表されました。
 小学3年女子形の部で、代表選手に選ばれました

 8月にタイ、パタヤで開催される世界大会の代表です。
 やってくれるね~
 でも、その前に開催される全国大会での成績の方が、もっと大事かもしれないよ。
 どっちの大会もがんばってね

 

FC2Ad