日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

大会終わって

 今日の日曜日。
 県空連主催による「長野県小学生空手道選手権大会」が松本市総合体育館で開催されました。

 道場からは女の子3人と男の子1人の参加です。
 一時はもっと参加者がいたんですけど、最近はめっきり少なくなってしまって、決まった子しか参加しませんね。

 小学校1年から参加できる大会というのは割合少ないので、そういう低学年の子こそ、参加してみるべきではないかな、と思うのですが....
 これも、それぞれの考えがあるでしょうから、一律に参加してとは言えませんけどね。

 さて、頑張った結果についてですが、小学4年生の女の子2人のうち、形の部で第3位に入賞する事ができました
 「全国少年少女空手道選手権大会」通称「全少」の出場権は第2位までなので、残念ながら上には行けませんが、それにしたって立派なものです。

 小学5年生の女の子も、形の部で第3位入賞でした。
 こちらは、全少への出場経験もあるのですが、今回は準決勝で対戦した、昨年と同じ相手に負けてしまい、3位決定戦に廻りました。

 3位決定戦は、協会の県大会で優勝を争った選手です。
 これを破っての第3位でした。

 よく頑張りましたね

 男の子は形の部、準々決勝で同じ協会の選手に負けてしまいました。
 残念だったけど、また頑張ろう!


 組手の部は、全空連ルールに対応できず、反則負けを喫する選手もあり、頭の切り替えをしっかりしないと勝つ事ができない事が、身に沁みてわかったと思います。
 もっと頑張らないとね。

 なんにしても、色んな大会に参加して、自分の置かれている位置を確認して、それぞれのルールを勉強して、対応していく事が、「空手」の楽しみを広げる事になるのではないかと思います。
 多少、お金の掛かる部分もありますが、できるだけ参加してみて欲しいですね。

 大会に参加した選手、保護者の皆さん、お疲れ様でした。
 また、秋のジュニア選手権に向けて頑張りましょう
スポンサーサイト

週末の稽古

 金曜日、稽古は通常どおり。

 稽古がいつもどおり始まると、入り口付近にいた女の子が不思議な動き....!?

 入り口に見学者らしき男の子が来ていました。


 早速、管理人が替わって応対。
 男の子は制服で来ていましたが、既に管理人はその制服がどこの学校であるか、全く持って不明

 どうも、見るからに高校生です。
 彼の最初の言葉が「極真とかではないんですよね?」(ゴメンなさい、正確な言葉は忘れてしまいました....)

 「違います、いわゆる伝統空手....」云々

 そんな説明をして、「最後まで見学して行きますか?」と問うと、「はい」との事なので、気楽に座っていてくださいと話し稽古に戻りました。

 そんな見学者のいたせいもあってか、稽古の進み具合が早い!
 テンポが速すぎで、ついていくのが大変。
 管理人は、すっかり見学者の存在も忘れてしまっていましたが.....

 形の稽古に入った頃に、先生に挨拶して帰って行きました。
 後で聞くと高校1年生だったそうで、同年代の子がいなかったから失望させちゃったかな
 「空手をやってみたい」と考える高校生に、道場の稽古というのは、どう写るのか、直接感想を聞いて見たい気もしますが、また来てもらわないとそれも叶いませんね。


 組手の稽古では、中学生の男の子とやりましたが、身体能力の差が身に沁みます。
 年季の差でごまかしちゃいますけど、しっかり稽古しなきゃついて行けませんね。

 稽古の締めに、道場訓を読み上げる際に、元気良く大きな声で読んだ子が一人。

 先生、「そういう元気に道場訓を読める人は、昇級審査を無条件で受験してください。空手には大切な事です」
と話されました。

 気持ちいいですよね。

昨夜の稽古

 管理人、昨夜は一週間ぶりの稽古となりました。
 まあ、体が動かない事
 間違える事

 先生曰く、

     「熱い湯も、絶えず熱を加えねば、水に還る」

 松濤20訓の内のひとつですが、なぞらえて言えば

     「稽古を休めば、高い技術も、平凡な技になってしまう」
と言う事ですね。

 大会前には、みんな集中して頑張って来ましたが、目の前の目標を見失い、流れた稽古になっていないだろうか....

 管理人も、自分で稽古する努力を怠っている事が原因で、この有様です。
 毎日、10回でもいい。
 突きを10回やるだけでいい...
 蹴りを10回やるだけでもいい...

 何か、現状を維持する努力をして、更にはレベルを上げる努力をしなければ、技は衰えるばかり。

 みんな、頑張ろう!

 最近、稽古後の更新が出来ないことが続きます。
 弱音ですが、眠くてパソコンに取り付けない状態です
 人は年々歳を取るのです..... 

先日の話

 いやいや、先週は稽古になりませんでした

 どうしても都合がつかない時はあるもんで、そんな時は稽古に参加した一般部から話を聞いてまとめてます。


 しかしながら、今回は簡単にまとめさせていただきます。


 一番の話題と言えば!?

 「見学者が見えたこと」ですかね....

 なんとご家族で見学されて行ったとの事です。
 一般部も遅れて稽古に参加していたのですが、その前からいらっしゃったそうで、最後まで見て行かれたそうです。
 この時期の内容は、割と軽めの楽しめる稽古になっているとは思うのですが、如何せん、始めから最後まで通しで見学するには、ちょっと時間が長い。
 
 その稽古をご家族でしっかり見て行かれたというのは、これって凄い事だと思います

 管理人の経験からお話すれば、見学は始めから最後まで見てみるに越した事はありません。

 特に稽古が始まる前の道場の様子。
 そこに集まっている人たちの様子が良く解ります。
 そして、見学者に対する対応も直接感じ取れます。

 稽古が始まる時に、しっかりケジメがついているか?
 稽古が締まる時も、同様か?

 ちょっと長い時間拘束されてしまいますから、大変ではありますけれど、「どんなことをやっているのか?」という疑問は全て解消されますからね。

 さて、見学されたご家族は、どんな印象を持たれて帰られたでしょうね....

 子供達の「いつもどおり」の姿をご覧になってからの感想をぜひ聞いてみたいものですが、入門のために、もう一度来て頂かない事には、その感想を確かめるわけにも行かず

 明日の稽古で、お目にかかれるかどうか、たのしみですね

 さて、先週末、日曜日は県空連の「長野県中学生空手道選手権大会」が松本市で開催されました。

 道場からは、男子1名、女子2名の3名が参加。
 結果から言えば、残念ながらお立ち台は無し。
 以前に比べれば、参加人数も1.5倍増し位に増えています。

 中学生3学年全員で争われる大会で、学年別ではないので、勝負も厳しいです。
 また、次の機会に頑張って欲しいですね。

火曜日

 今週は管理人、都合で稽古には出られません。

 先週の話なんですが、稽古の始まったばかりの時間に、お母さんと思われる方2人が見学していかれました。
 15分くらいだったでしょうか....
 どうも、小さな子の保護者の方のようですが、子供の姿は見えなくて、「様子見」だったのかもしれません。
 どうぞ、次回の稽古も見学に来てくださいね。


 さて、火曜日の稽古の様子は聞いた話。

 形では「十手」など、やってみたらしい....


 先週の日曜日には、高体連の大会が各地区で開催されたようですが、道場に練習しに来ていた高校生の男の子は、どんな成績だった事やら....

 週末には中体連の大会があるので、ここには3名が参加する予定です。

 さあ、みんな、頑張っていこう

金曜日には

 金曜日の話になってしまいますが....
 もう、明日には今週の稽古になってしまうのに、バタバタしてます....

 最近の稽古の進み方のとおり、組手と形が半々くらいの配分で進んでいます。

 先生曰く「この時期じゃないと、リラックスした稽古はできないから」

 県大会が終わって、全国大会に向けての練習を始めるまでのこの時期、1ヶ月くらいの間がなんとなく楽しんで稽古ができます。

 組手も基本の「一本組手」の団体戦をやりました。
 間合いが全然取れていなかったり、受けが悪かったり...
 協会独自の稽古方法ですが、今更ながら、その難しさに考えさせられます。

 組手と言うと「自由組手」を考えてしまいますが、それは「競技」としての組手の稽古であると思います。
 基本の組手が出来なければ、現実の場面では使えないのでないか、とも思います。

 「空手に先手なし」との教えの通り、自分から相手に仕掛ける事はないにせよ、相手が掛かってくる時に、しっかり構えをとって対処する事ができる場面が何処にあるのか、甚だ疑問です。
 一番良いのは、相手が届かない所に逃げ出してしまえばよいのですが.....

 突然、仕掛けられても対処できるように、と言うのが一本組手の真理なのだと考えているのですがね。
 まあ、なんにせよ、難しいもんです。

 形の稽古では、最近の例にならって「燕飛」「抜塞大」そして「観空大」が加わりました。
 全体の6割が「燕飛」で後の二つが2割づつだった様な感じです。

 どれも出来るようにならないといけませんから、この時期によく手順を覚えておくと良いですね。

昨夜は

 通常稽古の日ですが、管理人は急に立て込んでしまって、稽古に参加できず....
 できるだけ、欠かさずに参加したいと思っているんですけどねぇ....

 ここからは一般部に聞いた話。

 県大会も終了して、次の大会まで少しリラックスできる時期と言う事もあって、稽古の方もいろいろな試みがされているようです。

 約束組手の団体戦をやってみたり、前回に引き続き「燕飛」「抜塞大」を集中的にやってみたり...
 目先が変わると稽古も楽しいものです。

 同じ事の繰り返しというのは、なかなか続けていくのに集中力と強い気持ちが必要ですからね。

 稽古が終わってからも、なんだか「選定形」を練習する子が沢山いて、なかなか帰らない状態になっています。
 それはそれで良い傾向だとは思いますが、稽古が終わったら出来るだけ早く帰って、自分のことを済ませるのも大切だと思うんです。

 お迎えに来ている保護者の方も、その時間をじっと待機していなければならないのですから、その時間をみんなのために使っているのです。
 
 自主練習もいいですが、集中してやって、早めに切り上げるようにしようね。

いつもどおり

 大会が終わってから、連休明けの通常稽古。

 ちびっ子達が元気に顔を揃えます。
 
 「ああ、こんなに小さい子達もいたんだっけ....」

 約一ヶ月の間、ほとんど顔を合わせなかった子もいます。
 それでも、普通の稽古になれば、みんな顔を出します。

 と言うわけで、久しぶりの全員稽古。
 大会も終わって、ひと段落ついたせいでしょうか、ウォーミングアップの時間も長め....
 基本の時間も長め....

 組手の時間はOKの出た者が自由約束組手、自由に打ち込み、と先に進んでいき、そうでない者は一本組手の挙動を練習。

 形の稽古では、突然「燕飛」「抜塞大」の号令

 管理人は自分なりに練習していますから、挙動は覚えているのですが、小学校3年生くらいから下の子達は全く分からなかったでしょうね。
 それと、緑帯から下の子たちも。

 小学生のレベルでも、県大会の順位決定戦には必要になってくる形ですから、覚えていかなければいけないですね。

 燕飛と抜塞大のグループ分けをしたところ、「抜塞大」組は6名、それも中学生と一般。
 「燕飛」組は高校生以下多数

 やっぱり、燕飛は派手な部分もあるので、人気がありますね。
 最後に両方で形を演武しておしまい。

 稽古が締まってからも、各種の形を練習する子達がそこここにいて、なかなか帰ろうとしなかったなぁ....
 君達は明日、お休みでも、管理人は仕事なのよ

大会終了

 ゴールデンウィークの後半、初日に空手協会の長野県大会が松本市の総合体育館で開催されました。

 今年の大会は一般・高校生の部については、4月中に開催されてしまっていたので、小学3年生から中学3年生までの7学年を男女別で争う大会となりました。

 管理人は都合で遅れて会場入り。

 体育館はここ数年、会場として使用されているので、おなじみです。
 広くて観客席も余裕です

 試合は既に開始されていて、かなり進行していました。

 道場からは各学年にほとんどがエントリーしていました。
 一部、対象の子供がいない学年があって、エントリーの無いのが残念ですが.....

 会場では管理人を含めて3名体制で選手のフォローをしました。
 相変わらず、背中を押してやるだけの能無しですが... 

 みんな、一日良く頑張ったね。
 今まで練習してきたことは、全部試合で出せたかな?

 残念ながら負けてしまった子は、負ける理由があるよね。

 形の試合なら、相手よりパワー・スピードが上回っていたかな?
 組手の試合なら、相手より先に動いて攻撃を仕掛けてだろうか?

 なにより、「勝とう」「負けない」と言う気持ちが上回っていただろうか?

良い成績を残せた子、残念ながら1回も勝てなかった子、それぞれに自分がこれからやらなければいけない事が見えたんじゃないかな?

 今回の大会では、いままで成績の出なかった子が全国大会への切符を手にするという、嬉しい誤算があったりして、管理人としてもとっても嬉しいです
 
 団体戦でも、今まで頑張った結果が出て、ここでも全国への切符を手にしたチームもあって嬉しい限り。

 今回の大会への出場メンバーになれなくて、選手登録だけで終わってしまった子も、これから全国大会までにしっかり稽古すれば、再選考で正選手になる可能性は十分あります。
 
 せっかく一生懸命練習するんだから、上の大会に出場できるように、そしてそこで成績を出せるように、頑張ろうよ!

 連休の後半初日の大会で、後のお休みは自分の時間で楽しめるから、少し息抜きをして、またいつもの稽古日にはみんなで稽古できるようにしよう。

 保護者の皆さん、一日お疲れ様でした。
 大会初参加の方は、なれない会場で1日緊張されて、お疲れだったと思います。
 これからも子供が頑張れるように、保護者の皆さんも頑張ってくださいね!

 決して、勝ち負けだけが空手ではないから、ここでの結果が全てではありません。
 でも、大会に出場するという事は「自分の力を試す場に出る」事だと思います。

 それならば、相手を上回る気持ちがなければいけないよね。
 

FC2Ad