日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

お楽しみ

 昨日の稽古。
 と言っても、通常稽古ではなく選手対象の練習の話ですが....

 祝日ですから、午前中から稽古が始まってお昼が過ぎた頃に稽古終了。

 管理人は事前にお話しを聞いていたのですが、稽古終了後には「お昼」が用意されているらしかったのです。 

 保護者の方に準備をお願いしてあった「お昼」とは....!?

 お寿司でした

 某回転寿司に事前に注文しておいたらしいのですが、稽古に来ていた約30名くらいの子供達のお昼をご馳走になりました。
 管理人のほかに指導にあたっていた2名も一緒にご馳走に。

 残念ながら、子供達の中には「刺身」が食べられない子や、蟹や海老がダメな子、小食な子等等.....
 先生は沢山用意していてくれたのですが、子供達は食べる前に飲んだ炭酸ジュースでお腹が膨れてしまい、思う様に食べられなかった子もいたみたいですね。

 管理人は十分に頂いてしまって、お腹一杯。

 子供達と同じくゴールデンウィークは無きに等しいですが、お寿司もご馳走になったし、もう一頑張りするか~

 みんな、雨が突然降ったりして、肌寒くなったりするけど、風邪は絶対ひかないように!!
スポンサーサイト

今夜は

 今夜の稽古の参加者は、形の試合で「もう少し頑張ればいい線いけるんじゃないか」組の稽古です。
 
 平安初段から鉄騎初段まで、一連の動作を確認した後、先生の前で演武してOKを貰います。

 これがなかなか....

 管理人は子供の参加がなく、特に必要もなかったかも知れませんが、結構な人数がいる事がわかったので、補助に入りました。
 それぞれが色んな「クセ」を持っていますが、これを正しい基本どおりの動作に直していきます。
 
 「個々の特徴」と言えば聞こえはいいですが、言い方を変えれば「悪いクセ」です。
 それプラス「スピード・パワー・気迫」ですね。

 最後の鉄騎初段までいって、OKが出たのは2人だけ
 あとの子達は、そこまでたどり着けず、終わってしまいました。

 句切りをつけたのが、稽古開始から3時間後....
 
 今夜は日中の暑さが道場の中に残っていて、更に雨になったので湿気が伴って、稽古する子供達にとってはかなりの悪条件だったと思います。
 管理人も少し動いただけですが、かなり疲れを覚えましたから

 それでも、みんな投げ出さすに頑張っている事に驚きです。
 もう少しだから頑張ろう。


 稽古の締めに、先生から

    「君達は今、分水嶺にいる。
     片方に入れば大会で入賞できる。
     でも、もう片方に入ってしまえば予選落ちです。
     君達は今、丁度、分かれ目にいる所です。
     
     ここで頑張っておけば、来年からもずっと楽になる。
     投げ出せば、来年も一からやり直し。
     それを決めるのは、今頑張れるかどうかの稽古をしている君達自身。」
     

 大会まであと少し。
 体調に気をつけて、頑張ろう、みんな。      

連日

 昨夜は通常稽古の日。
 ですが、終了が遅くなってしまい、管理人がパソコンに取り付く元気が出ませんでした。
 帰宅してからいろいろやっていると、午前様になってしまいます....
 長野県で言う「ズク」が出ませんでした。

 全員での稽古が長引いて、9時ごろに一旦稽古を締めました。
 昨夜の稽古のお題は「上げ受け逆突き」と「内受け逆突き」でしたが、逆突きが遅いと言う事で管理人は「三流」だとダメ出しをされてしまいました
 まあ、駄目なものはダメですから、仕方ありません。

 久しぶりに高校2年生の男の子が稽古に顔を出しました。
 既に管理人よりも上背があります
 組手の稽古などを見ていると、「極め」の仕方が上手です。
 いやいや、久しぶりに見たなぁ....

 高体連の方の大会も6月頃から始まるので、そんな事を見越して稽古に顔を出したのでしょうけど、懐かしい顔を見られるのは嬉しい限りです。

 通常の稽古が締まってから、選手対象の稽古です。
 ある女の子は「これからやるの~」とボヤいてましたが.....

 主体は組手の練習です。
 選手を4チームに分けて、「勝ったチームから帰ってください」との話。

 最初はしっかり試合をしていたのですが、最後のほうは時間も押してきて「ジャンケン大会」になってしまいました。
 ジャンケンに勝ったチームから帰る事に...

 あれから全部のチームが試合をやっていたら、11時近かったと思います
 敵いません...

連日の稽古

 管理人、昨夜の稽古には都合で参加できませんでした。
 インフルエンザが道場内を席巻していますが、そろそろ収束に向かっているようです。

 と言うわけで、今日の特別練習には病み上がりの顔が見えましたね

 このインフルエンザ、感染の時期があと一週間ずれていたら、県大会への出場はほぼ絶望的でしたが、逆に早い時期に感染が回ってくれたので良かったのかも.....
 発症もとの子供はまだ稽古に参加していませんが、休んでしまうと体が動かなくなりますからねぇ....
 
 早いとこ、復帰して体調を戻していって欲しい所です。

 ここに来て、道着を新調する子が増えています。
 やっぱり、ツンツルテンの道着で試合に臨むよりも、パリッとした姿でコートに立ちたいですよね。

 管理人も道着を頼まれていたのですが、かなり時間がかかって到着しました。
 初めて、その姿を見たのですが、あまりに狙い通りになってしまってビックリでした。
 これで、また頑張って欲しいです

 いろいろ費用も掛かりますが、良い条件で試合に挑んでもらいたいです。

インフルエンザの猛威

 今夜の稽古、季節が逆戻りして肌寒かったですよ

 先週末からインフルエンザにかかって体調を崩している者が続出。
 道場で一緒に稽古しているとどうしても感染する率は高くなってしまいますから、自分で何とかするしかないですね。

 そんなこんなで今夜の稽古は参加者が少なくなっていました。
 道場の広さから言ってみれば、ちょうど良いくらいだったかもしれないですが.....
 みんな、手洗い・うがいを忘れずに

大会終了

 今日の日曜日、長野市内の道場が参加して大会が開催されました。
 毎年開催されるこの大会。

 県大会への前哨戦とも言うべき位置づけになるかと思うのですが、みんなそれぞれに頑張りました。

 管理人を含む保護者8名は2コートある内のひとつの係員として頑張りました
 久しぶりの係員で最初はバタバタしてしまいましたけど、進行はスムーズに行ったと自画自賛。

 これも保護者の方の力添えがあったからこそ!
 少しづつ、担当者を入れ替えながら要領を覚えていってもらわなければなりませんからね
 「阿吽の呼吸」でいける時もあれば、今日のように落ち着くまでに時間がかかると言うこともあります。
 やっぱり「慣れ」ですよね。

 さて、試合のほうは色帯さんたちが頑張っていたと言う印象です。

 組手ではパワフルに前に出ていつもの稽古とは少し違う印象を与えた子もいたり、審判をビックリさせる様な目を見張る動きを見せた子もいます。
 
 慣れ親しんだ道場の床の感触とは違った体育館の床に戸惑ってしまった子もいたのではないかな....?

 でも、会場が違っても自分の実力を常に発揮できる様な順応性も身につけなければいけないかな

 明日からの稽古は今日の結果を良く思い返して、弱点を修正していく練習になります。
 また仕切り直しです

失念していました

 先週の金曜日の稽古について更新し忘れていました

 最近は一段落すると日付が替わりそうな時間になってしまっているので、ついついほったらかしにしてしまっていていけないですね。

 今夜の稽古も管理人は8時近くに道場へ到着。
 形の稽古から参加しましたが、慈恩を最後まで1回通して後は選手たちの団体演武になりました。

 みんな頑張ってはいるけれど、まだまだ追い込んでいけるよね。
 みんなが全力で演武してその結果、団体として揃うという形を出来なければ先は見えない。
 自分が頑張るしかないよね。

 連日、頑張っているみんなはスゴイと思う。
 そしてその指導をしている先生もよく続いているなと思います。

 だって補佐役の管理人がもたないもの....

連日の稽古が続きます。

 みんな、連日の稽古、お疲れ様。

 昨夜は管理人は都合で稽古に参加したのは7時半ごろでした。

 体操をして柔軟をして....
 体勢が整った頃には既に稽古はお終い。

 各学年ごとに団体を組んで組手の試合をしていました。
 管理人が稽古に参加しても、結局出番はなかった訳です

 それから選手の稽古時間です。

 前半は形の稽古。
 基本形のポイントだけをチェックして進めて行きます。

 管理人と一般の女性で先生のフォローをします。
 稽古を進めていく中で、各人を回りながら悪い所をチェックして行きます。
 
 ここで「頑張ろう」とか「上手くなりたい」とか思っている者はその指導を受ける気持ちが違ってきます。
 顔を見ると解るんだよね。

 段々とみんな、その気持ちが強くなってきているよね。
 

 後半は組手の稽古。
 団体のチームを選択して組手の試合が始まります。
 なかなか手数が出ない子もいます。

 これも気持ち次第。
 自分の持っているものを試すことが出来なければ、いつまで経っても自分のスタイルは出来上がらないよ。
 ただ、相手が打って出てくるのを待っていては負けは確定。

 何でもいいよ、やってみよう。
 その技が決まれば、それが自分にとっての攻撃のスタイルになるよ。

 頑張ろう、みんな。

選手の練習

 4月1日からは金曜日は選手のみの練習となりました。

 小学校と中学校の合同練習になってしまったので、人数も多いことですし管理人がお手伝い

 「平安四段」「平安五段」「鉄騎初段」と進んでいきますが、最初の形に時間を掛けすぎて後が中途半端になってしまったような感が.....

 でも、それは先生の要求しているレベルにみんなが達していないと言うこと。
 頑張っている言うことは管理人がわかっているよ。
 
 でもね、管理人が指導している時にその練習をしないでOKが出ると思っているかな?
 もっと選手としての自覚を持って取り組もうよ。

 稽古が終わったのはかなり時間が経っていましたが、管理人も動きながら指導をしていたので疲れてしまいました。
 それで更新は今夜になってしまいましたが

 みんな、頑張れ!

遅くなってしまいましたが

 今日は金曜日。
 通常の稽古日ですが、今月から大会参加選手の練習のために金曜日はそれ以外の人はお休みです。

 
 先日の火曜日の稽古、何故か早目に稽古が開始になっていて管理人も遅れて?参加と言うことになってしまいました。

 稽古のほうはいつもどおりに進んできますが、なんとなく進み方が違う.....
 管理人も伊達に長い間先生の指導を見ているわけではありません

 組手の稽古、形の稽古となり最後に「自分の形を二回やります」。
 それぞれに思い思いの形を演武して稽古の締めとなったのが午後8時ごろ。

 そこで年度末を持って引退する小学6年生と中学3年生がみんなの前で挨拶をしました。
 
 小学生の男の子は二年半、道場に通いました。
 他所の道場から移ってきた子で、管理人としても出来るだけ良い環境で稽古して欲しいと思っていましたが、念願の「黒帯」も締めることができて本人も遣り残した事はないと感じたのでしょう。

 中学生の男の子2人と女の子1人も引退です。
 男の子2人は小学・中学と9年間道場に通いました。
 県大会でも好成績を残し、全国大会にも出場しました。
 道場のムードメーカーと言った部分も担っていた子達です。

 女の子は小学校5年の時に引っ越してきたので、他所の道場から移ってきました。
 県大会はおろか、全国大会でも上位入賞を繰り返す「つわもの」でした。
 高校進学しても県内の強豪校で更に上を目指すと言うことです。

 みんな、それぞれに思い出がありますが新年度の句切りに道場を卒業して行きます。
 新しい生活になっても、道場での厳しくも楽しかった稽古を思い出して頑張ってくださいね。

 さて、挨拶が終わった後に先日の昇段審査で合格した男の子が恒例の(試割)に挑みます。

 何故か管理人が板を持つ役になってしまいましたが、さて結果やいかに....


 「それじゃ間合いが遠くないか?」

 管理人が注意をしているにもかかわらず本人は「行きま~す!!」

 !!!!?

 ほら、ダメでしょ....

 気を取り直してもう一度。
 今度は他人のアドバイスを聞く気持ちの余裕が出来たのか、良い間合いで再挑戦。

 見事に割れました

 おめでとう!!!


 それで終わりかと思ったら、選手の稽古が待っていました.....

FC2Ad