日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

自主練習

 今日は自主錬習日に指定されていましたが、みんな練習したかな?

 昨夜からの雪が降ったりやんだりで寒かったですね。
 でも、そんな中でも頑張って自主練習をしていた人がいましたね。

 自主練習を頑張る中で今日のような寒い日もあるでしょう。
 ですからヒーターを使って練習しても構わないかと思います。

 その際にはしっかりと消火を確認して、余熱で火災が発生しないように十分注意してくださいね。
 
 そして練習が終わったら、使用した灯油は補充してください。
 基本的には門下生全員が使うものですから、通常稽古の際に使用するものです。
 でも、自主練習日に指定されているのですから練習する時に使用するのは構わないかと思います。

 「自分の使った分は自分で負担する」

 この考え方で動いて頂ければ、門下生みんなが気持ち良く使用することが出来ますよね!
スポンサーサイト

週末ですが

 さすがに昨夜はパソコンに取り付ける体制になったのは午前1時を回っていたので更新は出来ませんでした....

 稽古自体は午後9時ごろに終わったんですが、それからそれぞれが自主練習をしたり先輩に形を見てもらったりと....
 管理人も何人かから、道着の話をされていろいろアドバイスしたりして、子供達が帰る段取りになったのは10時半ごろ。

 それから自分達の夜の活動が始まったので、結局午前様になってしまいました

 稽古は管理人が若干遅れて参加しましたが、移動基本から形、組手と流れて行きます。

 形は「平安三段」。
 管理人はこれが苦手。

 やっぱり最終的にダメ出しをされて素直には上がることはできませんでした。
 この形が不得意な者は大体が後半の部分が問題です。

 今回は「騎馬立ち」を注意されていましたね。

 組手は最近のパターンで進んでいきます。
 やっぱり積極的に自分の技を出して、ポイントを取れないまでも攻めていく事が大切ですよね。
 この気持ちがないと、結局相手にポイントを許してしまうことになります。

 上手・下手は別にして「前に出る気持ち」が大切です。

 
 先日の昇段審査では弐段受験をした中学生が無事合格。
 初段受験の2名の内、一人は残念ながら落ちてしまいましたが、もう一人は頑張って合格したようです。
 頑張ったみたいですね。

 良かったです

 

昨夜の稽古は

 なんだかいつもと違った進み方でした。

 基本が済んでからは形の稽古へ。

 「平安二段」からでした。
 管理人は後屈が悪いと指摘されてしまい、なかなか先に進めませんでしたが、それでも最終まで行ってダメ出し。

 まだまだです....

 その後、帯別に自由に形を選んで二回練習してから最後に弐段の者から演武です。
 やっぱり慈恩を演武する者が多いですが、弐段ともなると燕飛あり、観空大あり....
 見ていても楽しいですよね。

 次に初段。
 ここは殆どが慈恩です。
 でも観空大もいましたし、燕飛もいました。
 「やってみたい」と言う願望からでしょうが、「やってみる」と言うことが大切ですよね。
 やってみなければいつまで経ってもそこから先には進めません。

 「一つを極める」と言う事と、「一つしかできない」とは違いますからね。
 出来なくてもいいじゃないですか、やったこと無いんだもの
 みんな色んな事にチャレンジすることは大切だと思うよ。

 形の後は組手。

 コンビネーションをやってから相手をつくって自由にやります。
 管理人は早々に上げられてしまいましたが、腰の痛みもあったりしてキツイ稽古になってしまいました。

 さて、4月からは県大会の練習が始まります。
 みんな、時間間違えないようにネ。

昇級審査

 日曜日の昇級審査、無事終わったようですね。

 県内でも地震があったりして不安な中での審査となったかと思いますが、それぞれに頑張ったみたいですね。

 順調に昇級できた子、残念ながら半級上がりだった子.....
 それは「自分の努力」の証だと思います。

 前回の審査から自分なりの努力をしている事はみんな同じだと思います。
 でも、問題意識を持って取り組んでいるか、否かの違いが審査の結果に現れているのでしょうね。

 悪い所を指摘してくれる先生、先輩の言を聞いて真摯に取り組めるか、それに尽きるのではないでしょうか....

 今夜の稽古に管理人は参加できませんでしたが、みんなに声を掛けたかったなぁ

 年度末、またインフルエンザの流行する中ですがしっかり稽古したいですね!

今出来ること

 被害が明らかになるにつれて、その余りの大きさに愕然としてしています。
 この「東北太平洋沖地震」の災害について、直接の支援は出来なくても自分達が取り組むことの出来ることを、しっかりと遂行することが大切です。

 県内でも被災地への供給を優先するため、ガソリン・灯油などの燃料の供給が制限され、日常生活に影響を及ぼし始めています。
 でも、私達がその状況を受け入れて真摯に対応する事が、被災された方を支援すると言うことを理解して自分勝手な行動を慎みたいと思います。

 地震・津波への対応、そして原子力発電所の事故への対応....
 今、日本が試されている時です。

 他人事ではありません、今出来ることをみんなで頑張りましょう。

昨夜の稽古

 昨夜は大変でしたね。

 東北太平洋沖地震が午後2時過ぎに発生して、長野県内もかなりの震度を記録しました。

 地震が発生して被害が拡大していた状況でしたが、幸いと言っては何ですが長野市内については生活に影響するような状況ではなかったので通常通り稽古が行われました。

 管理人は稽古中に災害が発生してはいけないので、自宅待機していました。

 稽古は明日の日曜日に行われる昇級審査についての練習に終始したようです。

 稽古が締まってもかなりの子達が居残って自主練習したり、先輩を捕まえて指導を受けたりしていたようですね。
 普段からそんな姿勢で稽古に臨んでいれば審査前に慌てる必要なことはないかもね~
 がんばろうね!

 他の道場の方とお話しする機会があって、昇級審査前にみんな頑張って練習しているお話を聞きました。
 また、交流大会以来一般の方も頑張って「空手」を続けているとの話を聞いてビックリするやら、感心するやら....

 子供がやっている事に影響されて「空手」をはじめると言う管理人と同じシチュエーションの方が沢山いると言うのもなんだか微笑ましいのですが、我が道場にそんな「後継者」が出てこないのは余りにも管理人がキツそうにやっているから、皆さん引いてしまうんですかね

 「我こそは」と思われる方の登場を期待したいと思います。

 さて、みんな明日の審査、頑張ってね!


 県内にお住まいの方で地震の直接の被害を被られている方は少ないかと思いますが、全国の空手仲間の無事を心からお祈りいたします。
 大変厳しい状況ですが、皆さん、どうか気を強く持って頑張ってください。

一週間ぶりですが....

 先週の一週間、更新出来ませんでした
 稽古にも参加できず、また様子も確認はしていたのですけどいろいろありまして.....

 さてさて、今夜の稽古。

 今週末に控えた今年度最後の昇級審査の為の稽古となりました。
 まあ、その稽古に入る前の基本と移動基本で管理人は既にバテバテでしたが.....
 逆にそんな稽古が中心になって助かりました。

 先週に移動基本の出来を計られてOKを貰った者が列外へ。
 ダメ出しを貰っている者が、移動を基本を有段者を見本として一緒に行ってもう一度計られます。
 結局は有段者に指導してもらうことになるのですが

 OKを貰っている者はそのまま組手に進みます。
 組手といっても小学生以下の子達なので自由一本組手です。
 管理人が指名を受けた子は既に1級。
 昇段審査を見越した組手の稽古です。

 間合いが悪かったり、攻める気持ちが足りなかったり....
 いろいろ直すべき所はありますが、レベル的にはもう黒帯だと思うので後は本人の気持ち次第。
 どれだけ「攻める」気持ちを前に出せるかが問題ですかね。

 組手でOKを貰うと形に入っていきます。
 管理人の見ていた1級の子は組手もOKとしたので、形の指導は選手交代。
 高校生の男の子が形を見ることになり、それまで指導していた中学生の男の子を管理人が引き受けました。

 まだまだ白帯の彼は組手も「五本組手」をしなければいけません。
 管理人が見る前にOKを貰っていましたが、一応チェック。
 足の運ぶ位置だけを注意して形へ。

 平安二段での昇級審査。
 流れもしっかり出来ているので、なんとなく「欲」が出ます。
 身体も大きいので、「もっとしっかり出来ないか?」と言う欲が出てしまうんですよね。
 このレベルに求めてはいけないことかもしれませんが....

 そんな稽古も最後に自由組手を少しやって終了。
 足が攣りそうでした

 年度末、みんな慌しくなってなかなか稽古もできないこともあるかもしれません。
 時間を大切に、しっかり稽古しようね

FC2Ad