日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

今週は

 火曜日の通常稽古は祝日でおやすみでした。

 金曜日につきましては管理人は都合で欠席。
 聞きかじった話での更新ですが....

 火曜日には昇段審査があり、道場からも何名かが受験いたしました。

 初段合格者が2名、弐段は残念ながらなし。

 初段の二人については男の子と女の子で「普段通りにやれば大丈夫だろう」と予想はしていたのですが、何とか合格したようでホッと一安心。
 弐段の男の子はどうも芳しくなかったようです
 次回の審査に掛けてもらわないとね。

 
 また、昨日の土曜日には道場の保護者による忘年会が行われました。
 なかなか都合が付かなかったりで半数位の方の出席でしたが、先生との話も弾んで気がつけば「蛍の光」の流れる時間でしたね

 普段、道場では聞けないような話がいろいろ出て楽しかったですね。

 最後に頑張っている子供をフォローしてみんなで道場を盛り上げていこうと「一本締め」で解散となりました。
 参加された皆さん、ありがとうございました。
 また、何かの機会に集まりましょうね。

 今回残念ながら参加できなかった方も次回は必ずご一緒に!


 今日の日曜日。
 仲良くさせていただいている市内の道場の師範の先生がご結婚されました。
 今にも増して地に足のついた活動をされ、益々発展されることをお祈りします。

 おめでとうございました
スポンサーサイト

昇段審査前

 昇段審査を控えて今夜の稽古が最後になります。

 来週の火曜日、祝日ですよね。
 1級の子が3人、受験する予定です。

 そんな訳で今夜の稽古は完全に昇段・昇級の対策でした。

 基本の動作についてのチェックは1級の子達が有段者の前で行いました。
 最初の2動作で一旦チェック。

 「追い突き・逆突き」と「三本突き」をやったところで先生が一度止めを掛けて、「審査を受けられそうな者は?」と有段者に判断させます。

 一人目はとりあえずOK。
 二人目は....   ダメ出しです。
 三人目はOK。

 二人目の子が管理人に指導を依頼しに来たので、それをチェックしましたがこれがなかなか....
 身体の「締め」が足りないんですよね。
 だから動作が極まらずにぶれてしまいます。

 そのくせ変に力が入っているので尚更ブレが目立ちます。
 指導に当たった短い時間では直りません、残念ながら....

 次は組手。
 受けの基本を蔑ろにしている子がほとんどです。
 しっかり構えから入らないとね。

 そして形。
 有段者が演武してその合格者の中から先生が指導者を選び、選ばれた者の中から受験者が依頼をします。
 最初は「慈恩」だったのですが、管理人はここでOKを貰えず次の「鉄騎初段」にまわりました。
 これでOKを貰い、4級の子に指導することに。

 立ち方が悪い。
 この一言に尽きます....
 その騎馬立ちではダメだよね。

 立ち方は自宅でも出来るから、自分で何とかしようと言う気持ちが大切ですね。

 当日の頑張りに期待です!

テスト前のようで....

 今日の県内は全般的に冷えましたよね....
 天気は良かったんですけど気温が上がらず、その為暖房も全開で
 でも、暖房が入っていると空気が乾燥してしまって喉がカラカラ....
 良し悪しです。


 さて、中学生は期末テストの時期のようでほとんど不参加。
 人数がかなり少ない稽古となりました。

 でもね、その分帯下の子達の面倒がしっかり見ることが出来て昇級審査前の稽古としては逆に良かったかも知れません。
 基本の挙動のチェックにかなりの時間を割く事が出来ました。

 一本組手の練習ではそれぞれの挙動が出来るように有段者が面倒を見ます。
 なかなか出来ませんが、帯のレベルで見てあげないといけないですよね。
 今夜の管理人はちょっと厳しく見過ぎたかも知れません。

 先生も言っていましたが、こんなに細かく各挙動のチェックをすることはほとんどありません。
 丁寧に教えて貰っている時はしっかり吸収していって欲しいですよね。

 頑張っているのは解るのですが、なかなか思う様にいかない子もいるので少しづつでも自分で練習することが大事かな....

 

通常稽古

 道場の中では暖房を焚いていますが、表は良く晴れて月が冴え冴えとしていますね。

 一度暖房を出してしまうとなかなか離れられないのが困ってしまう所ですが、今夜は割と暖かいですよね。

 さて、通常稽古も今夜の参加者は少なめ....
 中学生がほとんどいなかったなぁ....

 昇級審査の兼ね合いか、基本の動きのチェックが多くて今夜は「上げ受け・外受け」でしたね。
 白帯さん達の指導に回りましたが、やっぱり半身の体勢が理解できないようでした。
 まあ、こちらがやって見せて説明すると解ったような感じなんですが、実際どうかな?
 なんとなく出来る子もいますね。

 その辺りの動作に時間がかかって最後は形の稽古。

 帯別に指導者を選ばせて、最後に演舞できそうな者を選びます。
 でも今夜は余りパッとしなかった様な気がしました。

 稽古終了後に中学生の男の子が高校生の男の子に指導を請い、かなりの時間を平安初段の挙動に当てていました。
 稽古が締まってしまうと、みんなそれぞれ遊んでいて指導を受けたい者もなかなかお願いし難いかもしれませんが、もし自分でレベルアップしたいのなら積極的にお願いするべきですよね。

 ただ、お願いされる方も漠然と「お願いします」と言われても困ってしまうと思うので、「ここが解らない」とか「上手くいかない」とかテーマを持って指導を受けるといいかと思いますね。

 全部見て直して行かないといけないのでは時間がかかってしまいますからね。

 その中学生はなんだか晴れ晴れとした感じで帰っていきました。
 教えてもらったことが胸におちたのでしょう。

 こんな風に自分で学ぼうとする子は上手になるでしょうね、きっと。

逆突き

 空手の一番の基本は逆突き。
 これが出来るようになれば9割方良いんだとか....

 基本の時間からずっと逆突きを絡めた動作を練習しました。

 そこで全員控えて、昇段審査に合格しているけれど「試割」がすんでいない子2人の出番です。
 女の子と男の子。
 予想では女の子は厳しい感じ。

 先輩二人に板を持って貰って挑戦です。
 う~ん、やっぱりインパクトの瞬間に肩が引けてしまって力を吸収してしまっています。
 残念、またの機会に頑張って!

 男の子の番になり、管理人にも板の保持の依頼が来ました。

 持っている方もドキドキするのですが、男の子は問題なく成功。
 良かったです。

 早速先生から「マイ黒帯」を貰っていました。

 誰もが通過しなければならない行事ではありますが、突きの強さ云々とは別に「強い気持ち」が必要です。
 それが無いと多分ダメなんだろうね~
 

今日は大会

 金曜日の稽古の報告はちょっとサボってしまいましたが....
 通常稽古と大会向けの稽古で終わりました。

 その練習をしていた大会が今日行われました。

 上越市のリージョンプラザが会場となっての北信越地区の空手協会の大会です。

 
 管理人は会場に7時10分頃着。
 既に開場されていて道場の保護者の方が応援席に着いていました。
 毎回、ご苦労おかけします

 アリーナのコートも練習用に確保できて選手がそれぞれ準備運動です。

 今回の北信越大会はいつもの大会と違って、小学二年生の参加があります。
 通常、空手協会の大会は小学三年生からなのですが来年度に世界大会が開催される予定で、その選手を例年ですと全国大会の上位者から選出するのですが、来年度の全国大会の3日後位に世界大会が開催されてしまうので選出している時間がありません。

 ですから現二年生の中から選考するための大会出場と成ったのですが....

 道場からは女の子1人が参加。
 もう1級になっているので実力はあるの思うのですが、何せ突然の話でいきなりの北信越大会。
 どう転ぶか解りません。

 先ずは形の部からの試合。
 参加選手が少なかったため、基本型からのトーナメントとはならずに自由形での試合になりました。
 それも一番手の演武。

 管理人もコートに降りて声を掛けます。

 形は「慈恩」。
 いつも道場で稽古している通りくらいの実力は出せたと思います。

 果たして結果は!?

 選手全員が終わってみればダントツの1位でした。

 嬉しい結果です。

 そして組手の部。
 これは初戦を何とか勝ち上がり、準決勝へ。
 残念ながらここで敗退。

 でも、三位決定戦に回り、「しっかり踏み込んで中段突き」とのアドバイス通りに勝ちを拾いました。
 形の部に続いてお立ち台です


 他の選手のフォローも出来る限りしたつもりなのですが、管理人一人では回りません....
 背中を押せなかった人、ゴメンね

 いつもどおりの実力を出して入賞した人、頑張ったけど賞外に終わった人....
 やっぱりそれなりの理由があるはずです。
 でも、一番の理由は「絶対負けない」と言う強い気持ちがあるか、無いか....

 大会に出場する選手は大なり小なり、追われる立場にあります。
 「あの選手に勝つ」と言う気持ちも必要でしょうけど、「絶対負けない」と言う気持ちが大切ですよね。
 その気持ちの強い弱いが勝負の明暗を分けているんだと思います。

 だってみんな、あんなに練習してるでしょ?
 それで勝てなければ、他の選手がみんなより練習して「勝つ」と言う強い気持ちでのぞんでいるんだよね、きっと...

 この大会が全てじゃない。
 でも、この結果を次に繋げていけなければね!

 他の道場の保護者の方、ご苦労様でした。
 合間にいろいろお話できたりして楽しい時間を過ごさせていただきました。
 

 今年の稽古もあと少し。
 しっかり頑張ろう!

昨夜の稽古

 日曜日に交流大会が終わってひと段落という感じの門下生なのですが....

 この週末に北信越地区大会が開催されるので半分くらいが気を抜けません。

 基本、組手とチェックも厳しくなっているような気がします。
 
 最後に形をやりましたが、10人づつの演武で「ワーストワンを残せ」という指示です。
 残念ながら管理人がワーストワンになってしまいました
 まだまだ身に付いていない形は弐段の面々には印象悪かったのですね....

 稽古が一旦、締まってからは北信越大会の選手の稽古時間。
 管理人は交流大会の面倒を見ていましたが、それからも開放されて着替えに帰宅。
 「早めに終わらせる」という先生の言葉を信じて1時間くらいを予想し再び道場へ。

 それから1時間....
 甘かった。

 みんな力いっぱい稽古します。
 でも、管理人から見ても「まだまだ」の部分があります。
 頑張れ、みんな!

FC2Ad