日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

ゲリラ豪雨

 夕方から4日ぶりくらいになる「夕立」がありましたね。

 管理人の自宅前の道路は、普段水が流れていない側溝があふれて道路一面川になっていました...
 ニュースを見ると1時間に30ミリの猛烈な雨だったとのこと。
 「夕立」と呼ぶには強烈過ぎましたかね....


 道場は「夕立」のお陰もあって多少涼しくなっていましたが、やっぱり今夜も汗だく。
 8月も終わりなんですが....

 基本をやってから形の稽古に。
 いつもとペースが違っているのは、今日が月末だから。
 月末は試合形式の稽古をするのが慣例。

 形は平安初段をやった後、団体を組んでの試合。
 帯下の者が団体の選手を選んで行きます。
 管理人は年長の白帯の子に選ばれました。
 そのほか2人を加えて、4人での団体形。

 形は一番下の帯に合わせます。
 と言うことで平安初段....

 順番を覚えているだけですが、それはそれでよし。

 次に年齢が上の順から団体組手のチーム作り。
 お目当ての選手を呼んでいきます。

 管理人のチームは結局負けてしまいましたが、まだ道着を着ていない子も良い勉強になった様子でした。


 稽古中にまたまた激しい雨になって、空気が湿気を帯びてひんやり...
 雨が降らずに日中の猛暑が残る道場での稽古でなくって嬉しい限りです。

 先日見学に来たと言う中学生の男の子。
 今日は稽古に参加していました。

 頑張っていましたから、入門するのでしょう。
 途中で投げ出さずに頑張ろうね!
スポンサーサイト

昨夜の稽古

 昨夜の稽古、またまた管理人は欠席ですが....


 見学の方が来られたそうです。
 中学2年生の男の子とお母さん。

 道場の門下生が知らないと言うことらしいので、どちらの学校だったかは解りかねますが、中学2年生のこの時期に興味を持って来ていただいたと言うことは関心が高いと言うことなのでしょう。

 習い事と言うのは始める時期もタイミングみたいなものがありますが、「思い立ったが吉日」と言う例えもあります。

 「やりたい」って思った時がベストなタイミングなのでしょうねぇ...

 頑張ってくれるといいのですが

 8月ももう終わり。
 稽古も夜になればかなり涼しくなってきました。
 日中の猛暑が少しでも癒されれば、稽古も集中できるのですがね

夕立

 ここ数日....

 暑い日が続くのは同じですが、ようやく夕立が来るようになりましたね。
 夏らしいと言えばそうなのですが、いままでは入道雲が大きくなっても雨になるというところまでは行かなかったような気がします。

 「ゲリラ豪雨」と言ってしまえばそれまでですが、夏らしい夕方です。


 さて、先日の稽古。
 管理人は欠席でしたが、前日の月曜日に昇級審査対策として無級者の稽古が組まれました。

 それぞれに頑張っていますが、なかなか言って聞かせてもカタチになりません。
 歩幅、足の開き方....
 
 幼稚園児には言い方は悪いですが、「言っても無駄」
 「よく見てろ~」なんて言いながら、見本のカタチを見せます。
 それを真似してくれればOK。

 でも、小学3年生以上位の新入門生には、言って聞かせて頭で解ってくれた方が話が早い。
 そりゃそうだよね。
 「頭で理解できる」んだもの。

 何処かのものの本に「色帯のうちは見習い。初段を取ってからが、初めてスタートライン」と言うような事が書いてありました。

 それって解ります。
 一応、一通りのことが出来るようになって、そしてそれからが本当の稽古。

 突き一本、蹴り一本...
 どれをとっても「これが最高!」と言うことはないのでしょう、きっと....
 だから「一生鍛錬」ですね。

 昇級は来月。
 もうすぐです。

案の定

 夏休みも終わって日常が戻ってきましたね。

 だらけた身体を元に戻すのは大変なような気もしますが、子供達はそうでもないのかも知れませんね...


 さてさて、お盆明けの初稽古。
 案の定、道場の中は物質的質量を持った「熱気」が残っていて管理人などは道着を着た時点で汗がにじみます。

 稽古の前に新しく道着が届いた新人さんに着方を教えます。
 学校ジャージから真新しい純白の道着に身を包むと、それっぽく見えるから不思議....
 自分もそうだったんだろうなぁ....

 管理人、基本が始まってから直ぐに頭痛が始まりました。
 どうも汗をかいた分だけ水分補給が足りなかったようで、脱水症状ですね。
 仕方ないのですが、一度こうなると水分をとっても思うように吸収されずに症状が続きます。
 子供達は稽古前に十分な水分補給を心掛けて欲しいです。

 まあ、トイレに行ったりすると自主的に水分は補給しているようなので心配要らないかもしれないですけどね。

 今夜は基本と組手に終始して形は行いませんでした。

 組手も試合形式でやったのですが、白帯の新人さんが頑張って何人勝ち抜いたのかわかりません。
 拳のスピードが段違いです。
 全くもって天性の才能ですね。

 まだまだ暑い日が続きますが、頑張って稽古しよう!

お盆休み その後

 実質一週間のお休みですが、みんな田舎に行ったりしているのでしょうか....

 小・中学校もそろそろ夏休みは終わり。
 その為か、残り少ない夏休みを使って映画に行く子が多いようです。

 立秋を過ぎたとは言え、連日の夏日に涼しい所で楽しめると言えば映画は良い選択かもしれませんね。

 管理人は現場にいませんでしたが、家族が映画館で門下生2家族と遭遇。

 今夜も本来なら稽古ですが、お休みです。
 先生もお盆は明けましたが、ゆっくりされていることでしょう

 週末の金曜日から稽古です。
 熱い中の稽古になりそうですね

お盆休み

 昨夜の稽古で次回・次次回の稽古はお休み、「お盆休み」との連絡がありました。

 暑い夏も終わりを迎える時期になってきましたが、まだまだしばらくはこの暑さ続きそうですよね。


 昨夜の稽古では、基本を重視して行われました。

 「騎馬立ちからの直突き」
 「追い突き」と「手刀受け」

 管理人はどれもダメ出しでしたが、考えてみれば全国大会に行く前の週から稽古してないもんね....
 当然か

 その辺の稽古に時間がかかり、組手になってからは早かったか....

 最後に紅白に分けて試合です。
 勝ち残り方式でしたが、3回位残ると上級生や先輩にやられて負けちゃいます。
 小学生をその方式でやっていたら時間がかかりすぎ、中学生以上は2列に分けて全員で行いました。
 
 高校生の空手部員の子ともやりましたが、軽くあしらわれてしまい差を感じました
 そりゃ仕方ないけどさ....

 稽古の締めに昇段審査受験者からの結果報告がありました。

 初段を受験した一般の男性は見事合格。
 審査のエピソードなどをお聞きして笑ってしまいましたが、おめでとうございました。

 二段を受験した3名は2人が合格。
 落ちてしまった子は次回雪辱を。


 そんななかで先生の話。

 「偶然の勝ちはあるが、偶然の負けはない。」
 「負けるには必ず理由がある」

 その通りですね。 
 

大会の続き 3

 大会2日目です。

 個人戦形の部と組手の部。

 2日目は監督のIDカードが足りなくて、いろいろと工夫しました。
 これじゃあ何人もの選手についてアドバイスが出来る訳もなし....

 でも、昨年なんかうちの支部にカードが配布されていなかったもんね。

 現場監督が、機を見てかわるがわる選手のコートに出向いて声を掛けます。


 管理人は小学3年女子のコートへ。
 個人戦初出場ながら勝ち上がっている選手に出来るだけ緊張しない様につまらない話をしますが、普段通り道場でやっている通りに演武すれば大丈夫!と送り出します。

 割と飄々としている選手ですが、何となく試合が進み決勝戦へ!
 
 結果は!?   5位入賞 

 今度はそこを離れて中学2年女子のコートへ。
 こちらも感情が表に出ないタイプの選手ですが、近年にない好調を維持して危うい試合をモノにして決勝へ!

 演武順は最後から2番目。

 前半4名が観空大。  ちょっとうんざり。  審判も点数つけるのは簡単かもしれないけど、こう続くとねぇ....

 5番目の選手が燕飛。
 過去に優勝経験もある選手です。

 6番目は観空大。
 珍しく重厚な演武です。
 こう言う観空大もあるんだなと感心しました。

 そして7番目。
 思い切ってやれと声を掛けます。
 気迫の見えるまずまずの演武で終了。

 最後は岩鶴
 「ここにきてか!?」
 全体としてもう一つピリッとしません。

 結果。          第3位  お立ち台です
 
 成績発表に合わせて来年の世界大会の代表を伝えられました。

 各コートの試合結果が伝えられてきます。
 中学3年女子、6位入賞
 中学1年女子、4位入賞及び世界大会代表
 
 嬉しい結果です
 
 男子個人の部では頑張りましたが、今一つ振るわず吉報を聞く事は出来ませんでした

 

 2日目後半、組手の部です。

 まず、中学3年男子のコートへ。

 初戦をモノにして二回戦へ。
 しかし残念ながら敗退。
 もう少し前に出られればイケたかも!?

 中学1年女子のコート。

 ちょっとづつアドバイスしながら3回戦へ。
 相手は大柄な選手。
 先に上段を決められ、「中段だ!」  見事取り返しました。
 しかし残念ながら再び上段を決められて敗退。  残念だったね。

 中学2年女子のコート。

 初戦はかみ合わず消極的な試合でしたが勝ち上がり、二回戦もお互い手が出せずに時間少なくなってから連取で三回戦へ。
 今度は気持ち良く中段が決まりベスト16に
 ベスト8を掛けての四回戦。

 1ポイント先取されて、中段で取り返し。
 最後の打ち合いは相手に旗が上がり、ここで敗退です。
 残念だったね。

 このコートでは反対ブロックから同じ長野市の支部の選手が勝ち上がって来て、素早い試合運びでなんと決勝へ!?

 決勝の相手は高速の中段を得意とする選手。
 勝敗は???


 残念、準優勝でした。
 でも、スゴイ!
 がんばったね。 


 さて、他のコートも残念ながらベスト16を境に敗退でした。


 試合もすべて終了してしまったので帰り支度。
 審判を担当していた先生も応援席に戻って来たので、これ幸いと撤収です。

 入り口の大会立看板前に並んで記念撮影。
 数年前までは考えられなかった賞状、メダル....
 それを知る管理人には感慨深い光景です。
 
 「全国で勝つ」と言う事はけして容易いことではなく、汗と涙の稽古をこなして更に強い意志を持って試合に挑んだ者だけが持ち帰る事が出来る「勲章」です。

 来年、全国大会に出る為にまた頑張らなくちゃいけないね....


 会場を後にして当日も現地に残りましたので、先生を交えてみんなで夕飯を食べていろんな話が出来ました。
 これも大会の楽しみですね


 今回の日程を通じて選手及び管理人等をバックアップして頂いた保護者の皆さん、ありがとうございました。
 良い環境と事象に対処できるチームがなければ試合に専念できません。
 これからもみんなで頑張りましょうね!

 大会関係者の皆さん、お疲れ様でした。
 遠方の地ではありましたが、良い環境で大会に参加する事が出来ました。
 ありがとうございました。

 

大会の続き 2

 大会1日目の後半。

 午後になりお昼休憩。

 管理人も応援席に戻ります。

 子供達はホール外側の通路でお弁当です。
 今回の会場は可動式の観客席のメンテナンス事情から、ホール内の飲食が禁止と言う事でした。
 その為、食事はホール外の通路で取ることに。

 しかし、ここでお昼の休憩を利用して団体戦形の部の表彰式が始まります。
 選手も行かなければなりませんが、管理人も記念写真を撮影にお立ち台の場所へ。
 賞状、メダルを貰えた選手はおめでとう!

 さて、席に戻ればすぐに午後の試合が開始されます。
 選手は招集場所に向かいますが、試合自体はまだしばらく開始までに間があるため、管理人の遅いお昼。
 既に時計は2時。

 早い試合のある選手を高校生の現場監督に任せて、しばし休憩です
 今回、大会のお弁当はなかなか良い内容だったと思います。
 2人で食べてちょうどいい位


 個人形の部はあっちこっちのコートで同時進行しているので、一言かけては直ぐ離れると言うような具合でしたが、二回戦まで勝ち上がったところで形の部は終了でした。
 その時点で7人位が翌日の三回戦につながったのかな....

 今年初めて個人戦で出場した小学3年生の女の子も頑張って残ってます。
 しばらく初戦敗退の続いた中学2年の女の子も今回は頑張ってます。
 昨年度優勝の中学1年の女の子も順当に。
 そのほか、頑張って残った子が翌日に駒を進めています。

 みんな、頑張ったよね 


 ようやく一日目が終わり、バスでホテルに戻ってからはまたあわただしく有志が集合して有名な中州のラーメン屋台へ出かけました

 当然、管理人も同行
 屋台は空手関連のお客がたくさん、長野市内の別な支部の方も繰り出していました。

 やっぱり屋台ごとに味が違って良かったですが、今は屋台では替え玉はやっていないみたいでしたね。
 かなり昔に来た時には替え玉あったのになぁ,......
 同じ「豚骨ラーメン」でも自県で食べるものとは別物。
 豚骨がくどくないのがビックリでした。

 こうして博多の夜は更けて行く....

大会の続き

 1日目の後半。

 団体の組手です。


 管理人は小学生低学年女子と中学生男子の試合のフォローを担当。
 
 小学低学年。
 二回戦からの試合です。

 一回戦で次に対戦するであろうチームの試合を見ていたのですが、これがちょっと別格の動きをするチーム。
 一回戦をストレートで勝ち上がってきました。

 現場監督としてオーダーを提出するにあたって少しでも勝率の良いオーダーを組まなければなりません。
 これが悩みます。

 相手チームは3人が揃って良い動きをしていたので、管理人的には「一人でも勝てれば」と言うオーダーを組ませてもらったつもりです。
 まず先鋒。
 普段の稽古と違って前に出る良い試合をしましたが敗退。

 中堅。
 相手はサウスポーであったので、多分相性の悪い選手を起用。
 動きの良い相手に頑張ったのですが結果的には敗退。

 大将。
 試合は決まっていますが一矢報いる事が出来れば....
 中段の打ち合いの試合、手数はこちらが上回っていますがなかなかポイントになりません。
 残念ながら敗退。

 3-0で一回戦敗退となってしまいました。
 相手チームはそのまま優勝しちゃいました
 やっぱり別格なのでした...


 中学生男子。

 一回戦は先鋒がまさかの敗退。
 中堅が気迫のある試合で取り返し、大将が危なげなく決めて二回戦へ。

 二回戦。
 今度は先鋒が頑張って先勝
 しかし中堅がかみ合わずに敗退。
 1-1での大将戦になってしまいました。

 開始からそれ程経たずして、絡んだ後に相手が払い腰で投げを打ってきました。
 こちらは頭を打ったようですが、主審はそのまま続行。
 荒れた試合になりそうです。
 
 今度は中段を打ちに行ったところを上から打ちおろされて、かなり強打になりました。
 選手は倒れ込んでしまいました。

 試合は中断。
 
 主審も選手に確認しますが現場監督の私を呼び寄せ、「どうします、棄権しますか?」との問い。

 選手の状況をみると左目の辺りを強打したらしく「目が開かない」と言います。
 
 「どうする?」
 選手に聞きますが、それは私自身への問いでもあります。

 棄権させることは簡単ですが、1-1で迎えた大将戦です。
 ここで棄権しては選手本人もチームメイトも納得できないでしょう....
 かと言って、目がふさがった状態で続行していいのか....
 
 「やります」

 選手は続行を申し出ました。
 
 主審に続行を伝えると「それでは回復まで時間を取ります」

 目が見えるのを待って、動きをチェック。
 なんとかなりそうです....

 相手にポイントは入りましたが警告も合わせて入ります。
 そうでなければ納得いかないよね

 試合再開。
 今度は見事に中段が決まりました。
 1-1です。

 「がんばれ!」
 これしかかける言葉がありませんが....

 再び中段を撃ちに行ったところを上段を合わされ、激しく接触しました。
 審判が招集されます。
 判定は相手のポイント。

 ここで現場監督は抗議するべきだったのか....
 今となっては....

 判定は2-1で敗退です。

 残念ながら二回戦敗退となりました。
 試合終了後、ドクターチェックで「骨折等もない様子なので冷やしておく様に」との指示を受けホッとしました。
 
 試合終了後に保護者の方に状況を説明させてもらったところ、「本人も棄権では納得できなかったと思うので続行させてもらって良かった」とのご理解を頂きました。
 なんだか申し訳ない気持ちです。


 さて、他に出場していた中学生女子のチームについて、そちらの現場監督の話では2-1で敗退だったそうです。 残念でした....


 今度は個人戦ですが、また次回。

小・中学生全国大会

 さてさて、行ってきましたよ~

 金曜日に出発して月曜までの4日間。
 「暑い夏が終わった」と言った感じですね。

 今回の移動は羽田までバスで移動し、福岡まで飛行機でというコースです。
 飛行機は大きくて快適でしたが、羽田までの都内が混んでいて空港でゆっくり出来なかったのが残念。

 現地に着いてからはタクシーで会場視察。
 長野県から行った他の支部の方にパンフレットを渡す作業があったりで、ホテルに入ってから急遽練習会場を確保。
 タクシーを飛ばして約1時間半の最後の調整。

 手配して頂いた保護者の方の気転に感謝
 エアコンが入っていて気持ち良く練習できました。
 そこでは地元の支部の選手も練習していましたよ。


 その夜は大会前日と言う事もあってそれぞれの夜を過ごしたようです。
 翌日大会なんだから余りエネルギーを使ってもいけないね。

 ホテルは博多駅の筑紫口にあるホテル。
 立地は最高で便利でした。
 なぜか地元の福岡県の選手団も宿泊していましたが....

 大会1日目。

 やっぱり暑い。
 朝5時なのに太陽が出ていないだけで気温は日中と変わらない....
 コンビニに買い出しの後シャワーを浴びてしまいました 

 
 会場のマリンメッセへはバスで到着。
 既に入り口付近は開場待ちと練習する選手でごった返しています。

 少し離れた広い場所でウォーミングアップ。

 管理人と一般の女性と高校生の男の子が面倒を見ます。
 先生は審判として参加するので、ここでしか選手を見る事が出来ません。
 自然と気合が入ります。

 アップが終わるころにはみんな汗だくでした。

 選手を会場に入れて、管理人他は急ぎ出店者のブースへ。
 この時間しか見てられないの、本当に。 



 開会式では来賓あいさつとして元内閣総理大臣・麻生太郎氏が挨拶したのにはビックリ。
 主催者、頑張ったなぁという感じです。

 また、昨年貰った団体中学生女子の部の文部科学大臣杯を返還したのが印象に残りました。
 
 
 競技が始まれば3人で手分けして選手のフォローに回ります。
 携帯電話で連絡を取り合って「どこの選手が勝った」とか「こちらは負けた」とか....
 
 「スピード、パワー、気迫」と先生の受け売りを選手に言い聞かせ、「大丈夫、自信をもって行って来い!」と背中を押し出します。

 まずは団体戦。
 今回は年齢構成の都合上、小学生低学年男子、小学生高学年女子のエントリーがありません
 エントリーできないのは勝ち負け以前の問題ですから悔しいですね。

 小学生低学年女子形の部。
 リーグ戦ブロックで3位の得点でしたが、上に上がれるのは2チーム。
 残念ながら予選敗退でした。
 上位2チームはそれぞれ準優勝と第3位の成績だったので、リーグの当たりが悪かったなぁ.....
 決勝で十分勝負できたのに。

 高学年男子形の部。
 良い演武だったのですが次点。
 ちょっと予選リーグを勝ち抜けるには力不足だったかもね....
 出場チームも多かったしね。

 中学生女子形の部。
 昨年、優勝を飾ったメンバーで挑むこの大会。
 プレッシャーもあるかと思いますが予選リーグは1位通過。
 そして決勝。

 8チーム中7番目の演武。
 ちょっと呼吸が乱れてズレが見られます。
 それでもここまでの最高得点を叩き出します。
 管理人、ここで思わずガッツポーズをしてしまいました。
 
 そして最後のチームの演武。

        なんと同点!?

 
 ここで各審判の点数計算に入ります。
 最低点を確認するとこちらのチームの方が0.1ポイント高い!

 中学女子団体形 2連覇 おめでとう!

 練習のときには「こんな形でどうするの」状態だったのに、最後の追い込みでここまでもって行ったみんなに拍手です


 中学生男子形の部。
 予選ブロックからは上位3チームが上がります。
 しっかりした良い演武ですが、少し雑かな....
 結果は次点の4位落ち。
 残念でした。
 3位との差は0.1ポイント。
 もう少し足りなかったね。


 さて団体形の後は組手です。
 が、とりあえず1日目前半終了です。 
 





 

FC2Ad