日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昇級審査終えて

 午前中一杯掛かって昇級審査が行われました。
 管理人はまずまずめでたく三級に昇級することが出来ました。
 
 今回は白帯さんが沢山いてビックリ!!
 管理人が昇級怠けている間に新しい子達がどんどん入門してきているんですね~絵文字名を入力してください
 前回お話した子は残念ながら半級上がり....
 これも仕方のないこと。
 次回は一級昇級できるように頑張ってね。

 会場の外に目をやれば新しい住宅が見えましたが、子供たちの審査に来ていた頃は空地だった事を思い出して、時の流れを感じました。
 会場の天井が何箇所か雨漏りしたのには驚きましたけどあめ
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

厳しいねぇ

 昨夜の稽古では風が強くて寒いくらいでした。でも稽古にはとても都合が良かったのに、先生には寒さが堪えた様子で窓を閉められてしまい、暑くて....
 おかげで稽古終了後の水分補給が進むこと、進むことキャ
 やっぱり明日の昇給審査を控えているのでそれに沿った稽古になりました。
 黒帯さん達にチェックを貰いながら移動基本。
 管理人の指導に当たった黒帯さんは移動基本の順番を間違えてしまい、お陰でかなり余計にやってしまいました。絵文字名を入力してください
 形では割と出来が良かったかなと思っていると、果たして先生からコメントなし...
 良かったのか、悪かったのか....
 
 指導に当たる黒帯さんは色帯達の演武を黒帯レベルで見ます。
 管理人などは年端の行かない子が演舞するのを見て「これくらいならOK?」と思ってしまいますが、黒帯さん達はなかなか合格とは言いません。
 考えてみるに同じ色の帯を締めていれば、それまでの過程をクリアしていると言うことですから、理屈では管理人が出来ることは小学校一年生でも出来なければいけないと言う事です。
 、まあそれは理屈であって...
 黒帯さん達に昇級審査受験のレベルに達していない、と判断される者が沢山出てしまいました。

 あるお母さんから「今回の審査は受けさせないでおこうと...」と話があり、その理由は「気が抜けている」
 その子は黒帯さんの合格はもらえなかったんですね。
 管理人が聞くと「受ける」とのこと。

 ちょっと生々しい話ですが、お金の話をして聞かせました。
 「昇級審査を受けなければ、みんなでご飯食べに行けるよ」
 「そういうお金を払って受けるんだから、仮が付く様な受験はしちゃいけない。受けるならしっかり昇級するようにしなきゃ」
 
 その子は多分、昇級審査を受けるでしょう。
 ちょっと気持ちが変わったんじゃないかと思いますが、「仮」が付いてしまうのは本人の錬度不足。
 他人事ではない管理人です。絵文字名を入力してください
 

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

スタミナ不足

 昇級審査に向けての移動基本のチェック。
 管理人は一通りの移動基本を行うとスタミナ切れでその後が続かないのですが、同じ一般のお父さんは移動基本3セットやってもへこたれないのですからスゴイの一言です。
 そうありたいとは思いますが、こればっかりは地力の差ですか...

 形のチェックでは先生の「もっと腰を落とせ~」「上下するな~」と声が飛びます。
 腰を落とす構えをとると移動するにつれ、歩幅が開いてしまって最後には支えきれない状態に....゜▽゜ガビーン
 ここが我慢のしどころ!と分かってはいるのですが....
 そんなこんなですが最後に形の演武を出来たのでマズマズだったと言う事でジリジリ・・

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

感想

 全空連の大会を見ていて思うことは長野県内には糸東流の団体はないのかと言うこと。
 御存知の通り、四大流派と呼ばれる剛柔・松濤・糸東・和道の内、県内の大会では糸東以外の三流派は常に参加していますが、未だ見かけたことがありません。
 全国大会では当然参加されているのが判るのですが、やっぱり県内には活動団体はないのですかねぇ....なき
 後、余り耳にしない流派では「沖縄少林寺流」が長野市内で活動されていますが、全空連に加盟されていない事からでしょうか、大会には参加されていませんね。
 管理人も実際に演武を目にしたことはないのですが、首里手を基とされていると言うことなので一度拝見してみたいものです。

 今回の長野県ジュニア選手権、協会各支部の参加が多くなったと感じました。
 全国大会も終わって一段落したこの時期、小学校1年生から参加できる大会はスポーツ少年団の大会と違い、組手個人の部があったりしていろいろ勉強になるので参加してみようと言うことになっているのでしょうかね~ニコニコー
 こと組手に関しては小学生の内は協会ルールでやっていればいいけど、中学生になって学校として大会に出場することを考えると全空連ルールになるので、少し先を見てこういった大会に参加しておくことも良いのではないでしょうか。
 と思うのですが、ルールも違うせいか仁武館からはなかなか積極的に参加する流れはない感じ...(^_^;)
 協会の大会に参加できない小学校低学年の子にこそ、参加して貰いたいと思う管理人です。

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

大会終了

 今日は長野県空手道連盟主催のジュニア選手権が開催されました。
 仁武館からは7名が参加。
 みんなそれぞれ頑張ってきました~(^^)/
 成績はともあれ、頑張った人は達成感はあったんじゃないかな?
 成績は形の部で準優勝の子が最高でした。
 長野県の空手をやる者の中で自分の位置を確認できたのではないでしょうか....
 
 大会自体はいつになくスムーズで運営側の苦労が解るような気が致しました。
 ただ、参加人員が若干少なかったのかな?とも感じました。
 小学校は運動会をこの日曜日にやるところが多かったのでしょうか?
 3連休ですから行楽にお出掛けの人もいたでしょうし、まあ余り空手馬鹿でもいけませんか...(>_<)
 管理人の子供も出場しましたが、その不甲斐なさに思わず気合いを入れてしまいました。
 昔に比べると面倒見ていないのは確かですが....

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

気が向いて..

 今夜もちょっとばかり自主練習...
 鏡に映る自分の姿を「格好良い」と思える様な「体勢」に持って行くつもりでひとつひとつの技の確認。
 確かに格好良い体勢にすると見栄えが違う!
 でも、疲労度も違う!!
 そうは言ってもそんなに出来ないよ~!と泣きが入ってしまいそうです。
 基本のメニューをこなして一頻り汗をかいたところで今夜は終了。
 日中の暑さに替わって涼しい夜風が気持ちの良い夜です。

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

基本も終盤

 基本の稽古もそろそろ終盤です....
 そうは言っても全然OKが出なくて、ダメ出しばかりです。
 今夜の稽古は良いところまで行ったのですが、最後にダメ出しでショック!!
 でも一生懸命にやったおかげで膝を少し痛めてしまったかも...(>_<)
 
 道場で気合い掛けられて稽古に打ち込んでいると、いろいろ考えなくって良いです。
 その動きに集中していられるから...
 「こんな事、いつまで続けられるんだろう」と、ふと思ってしまいます。
 歳ですかね(^_^;)
 

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

自主練習

 ちょっとばかり、自主練習をしました。
 昇級審査に向けて基本の確認。
 今回審査を受ける子供の面倒も見たのですが、なんでこんなに下手なの?と言う感じ....
 今ひとつ気持ちが入っていない感じです。
 
 慌てて昇級する必要はないと思っていますが、受けるからにはそのレベルに達して当然きりっ
 お願い、頑張って~!
 と管理人の独り言でした(^_^;)

テーマ:アイスホッケー - ジャンル:スポーツ

目標って...

 空手を始めた者の目標って一体何処にあるんでしょうねぇ...
 「黒帯」ですかねぇ? 
 確かに黒帯は当面の目標になりますけど、早い者は3年くらいでその目標は達成されてしまいます。
 小学校1年生から始めれば、3年生にはその目標は達成されてしまいます。
 まあ、子供達は「黒帯になったからもう良いです」とは言わないでしょうけど(^_^;)
 一般の方はどうでしょうね。
 やっぱり「黒帯」が目標になっちゃいますかね~(^^)
 「3年間」という期間、いろいろな犠牲を払って道場に通って晴れて「黒帯」になってしまえば、その後というのは気が向けば道場に足を向ける位な感じになっちゃうのでしょうか...
 「そう言えばそんな人、いたっけ?」と言う風に言われてしまうかも!
 管理人としては「細く長く」を信条にしていきたいと...晴
 でも、ふと「こういう時間がいつまで続くんだろう」と思う時がありますね。
 

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

継続が大事

 稽古の日に身体を動かすのは当然として、そうでない日がありますよね。
 この日の過ごし方が稽古日にじわじわと効いてきます。
 ちょっとでも身体を動かしておくと、そこ此処に神経が行き届いているという実感が持てるんですよね。
 そうなれば稽古日には運足や手の動きが変わってくるのは当然!!
 特に運足に変化があるかな....ふふんっ
 ただそれがなかなか出来ないのが現状です(T_T)
 せいぜい柔軟体操くらいが... と言う言い訳をしてしまうのは、意志の弱さの表れだ~(^_^;)

 「継続は力なり」とはよく言ったもので、少しずつでも動いていれば全体の動きも変わってくるんですよね~!
 そんな中、子供は意気揚々と稽古にいきました(^^;)
 好きだね~うーん

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

更に基本

 基本も少しずつ、先に進んでいます。
 前回は「追い突き」だったですよね。
 今回は「上げ受け」「下段払い」など、受けを重点に稽古を行いました。
 突きは「決め」はありますが、「締め」はあまりないと管理人は感じているのですが、sweat2(そんな事言うと「解っていない!」と言われそうだけど...) 受けの稽古をすると筋肉痛になってしまいます。 
 普段余り使わないところに力が入るのですね、きっと。
 こうして基本の稽古をしていると少しずつ、出来る人と出来ない人に分れてきます。
 折角レベル別になっているのだから、しっかり稽古してみんなでレベルを上げてクリアしていきたいなぁ...
 やっぱり稽古に取組む姿勢なのかなぁ...スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
 
 色帯の後の有段者の稽古。
 長い....
 形の稽古で締めくくりましたが、実績のある者は上手い...
 実績のある者でも「力強さ」がなくては残れない、厳しいレベルです。
 もう少しの人、頑張れ!

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

頭部への打撃

 いわゆる「空手家の拳は凶器」と言われるのはちょっとイメージが先行していますが...(^_^;)
 例え拳ダコなんか出来ていない拳でも、人を殴れば多かれ少なかれ怪我をします。
 極真空手に代表されるフルコンタクト空手でも「頭部への正拳による打撃は禁止」と言うように、要は危ないんですね。
 正拳による打撃では専ら骨折やら歯が折れるやらの外傷が主となるのに対し、ボクシングに代表されるグローブを着けての打撃は脳への衝撃が主となります。
 外傷による痛みで行動不能になるのか、脳への衝撃により神経へ伝達が不能になるのか、しっかり前を向いて気持ちを強く持てればある程度は我慢できます。
 どっちも出来れば頂きたくはないですがねぇ...(>_<)

 全空連の組手試合ではメンホーを着けて拳サポーターも厚手の物が使われます。
 一応当てないことになっているのでメンホー程度の防具で外傷を防ぐ事を意図しているのでしょうか...
 勢いで当ってしまったらメンホーは痛いと思うのは管理人だけでしょうか?
 

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

先輩の目

 昇級審査では自分の受験級に指定されている形を演じなければいけませんが、先輩にお願いしてチェックして貰います。
 人それぞれ捉え方というものも多少違ってくるのですが、概ね正解!
 練度と意識の高い人はやっぱり上手。
 何度か通して演ずると、もう息が上がるわ、汗は滴るわで子供達にすれば「一体何?」って思っているのかも知れません。(T_T)
 この日の稽古では組手で上段突きを貰ってしまい、鼻血が出ちゃったりして冴えない稽古になりました....(>_<)

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

基本、基本、基本

 大会も一段落して稽古も基礎的なものに的を絞って行われるようになりました。
 今夜は「追い突き」がメイン。
 管理人なんかはどうしても勢いだけでやってしまいがちなのですが、実際先生にチェック入れられるとなかなかOKが出ません。
 そうなると歳のいかない子供達は推して知るべし....
 力ではなくて理に叶った身体の使い方が大切だと言うことを理解できないと。
 でも、子供達は元気に取組んでいれば良いんです。
 だって先は長いんだもの!
 自然に身に付いてくるよ、きっと(^^)/

 時間は短かったので身体的には若干楽でしたが、昼間の暑さが残っていたせいで、道場は蒸し風呂状態....
 いつもと変わらぬ汗だくでした。(^_^;)

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

一息ついて

 夏の大会が終わり秋の大会までの間、少し間が空いた感じがします。
 月末の昇級審査が当面の課題というか、色帯さんの目標....
 今月は稽古日の一日を有段者と色帯に分けて、基本から稽古を行うそうです。
 基本がしっかり出来ていれば応用は簡単というのが、ことスポーツに限らず全般に言えることなのですが、そうは言ってもなかなか... これが難しい(^_^;) 夜はグッと涼しくなってきましたから、稽古するには良い季節になってきました。
 管理人も月末の昇級目指して頑張ります!
 行けるかどうか解らないけど...(>_<) 

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

やる気

 稽古に参加していても、自分で「なんとかしよう」とか「覚えよう」とか考えていないと、身に付きませんね。
 年長さんとか1年生くらいだと、みんながやっている中に参加して見様見真似で動くのですが、年齢が上がってから(そうは言っても高学年くらい)入門してくる子は、言われた事は頭で理解してそれを実行する身体も出来ています。
 ですから、そんな状況にある者がなかなか上達できないのは、本人に「なんとかしよう」という気持ちがないからだと思うんですね。
 保護者の方との雑談の中でそんな話題になり、そんな子もサポートが必要なのかなと思わされました。
 声を掛けてあげたり、ちょっとアドバイスしてあげたりするだけで、取組む気持ちが「やる気」に変わってくれればなと思います。
 今月末には昇級審査もあるので頑張って欲しいなあ!

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad