日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

木曜日

 月曜日に続いて移動基本の集中練習。
 この日は「前蹴り」「蹴上」も組み込まれ、ますますハード
 管理人は足技は苦手。
 下半身が弱いので足技がとても不安定になってしまいます。

 子供たちは余り頭で考えて行うことはしていないので、細かいところができていないんですね。
 「どこをどう言う風に蹴る」ということを考えれば「足先が真上に向く」ということはあり得ませんし、「足刀を出す」ことを気を付けていれば足先がブラブラするということもない筈です。
 身体は効くんだからもっと注意しなきゃね。

 組手は中学生の男の子とやると動きについていくのが精一杯。
 男の子にすれば楽しいんでしょうけどね、こちらは大変。
 二回、三回と回を重ねるともうついていけません。

 形は4/4です。
 「余裕のある人は全部通しても良いです」って、そんな余裕はない!!

 稽古が締まってから練習していると、茶帯の女の子が「4/4のところを見てください」とやってきました。
 誰にも言えることですが、自分でよいと思っていても傍から見れば不十分です。
 前屈の腰が高い、転回が遅い、引き手が極まっていない、等々....
 でも、それを直して貰おうという気持ちが大切ですよね。
 頑張ってね。

 次週、次々週と体育館が使用できないので、火曜日に通明小学校の体育館で自主練習。
 金曜日は篠ノ井東中の体育館で胴衣を着ずに体力錬成。
 そんな感じになります。
 
スポンサーサイト

一週間たってしまいました

 月曜日には移動基本で「追い突き」「上げ受け逆突き」「手刀受け」を集中的にやりました。
 全員が行い、その中から少し良い技を行った者が次の段階に進むという方式で、全部で三段階での集中練習。
 それを三つの技で行うのですから、まあ管理人にはキツいことこの上ないです。

 管理人は「上げ受け」がネックですね。
 身体が先に回転してしまって腰のキレがない、という指摘を受けました。
 また、受ける手が「肘が前に出ていて受け手が弱い」とダメ出しです。

 追い突き、手刀受けはそこそこに出来が良かったようですけど、なんせスピードが遅い。
 子供たちのようにはいかないのは仕方ない? とは言えませんが下半身が弱いんですよね。
 先生にも言われます。

 組手はいろいろなコンビネーションを指定され、只々繰り返します。
 これもやっぱり「足の運び」がキモになってくるので管理人は動けません。
 子供たちのほうが遠くに移動できるのですから.....

 最後に形ですが、自分の得意形の3/4の部分をチェックします。
 そこだけなら何とか様にはなるんじゃないかと思うのですが、これが通しての演武となると不安
 やるだけですね。

なんとなくほったらかしで

 いつの間にかもう2月になっていましたね。
 先月18日に稽古が始まってから約10日ですが、稽古はしっかりやっていますよ!

 インフルエンザが流行っているようで門下生も稽古に参加できなくなっている子もいるのですが、人数が少ないながらもしっかり稽古しています。
 管理人も遅れて参加することが多いのですが、それでも長い正月休みで鈍ってしまった身体を動かして取り戻すのに一生懸命です。
 先週の木曜日にも参加。
 やっぱり遅れての参加で組手の後半から参加です。

 ワン・ツー、ワン・ツーからの上段刻み突き、上段への高速ワン・ツー、ワン・ツーからの上段刻み蹴りなどを繰り返し練習します。
 ですが、管理人は動きません、当然ながら....

 一生懸命動いているつもりなんですよ、つもり!
 でも先生に言わせると「足が付いて行っていないよ」だそうで......
 まあね、分かってはいるんですよ。
 子供たちと違っておじさんは足が弱っていますからね。
 それでも動かなきゃ始まらないですよ。

 組手を始めると子供たちの上段狙いの管理人の隙をついて中断に飛び込んでくる子もいます。
 タイミングはばっちり!
 おじさんも多少は練習相手になるでしょ??

 形は「平安2段」を一通り行いましたが、得意形の「前半の後半」、要するに4分の2の部分の練習をします。
 それぞれが自分の得意形を練習するのですが、新年度に向けて新しい形を練習をしている者もいます。
 いつまでも自分の形を突き詰めることも大切ですが、「新しい挑戦」をしていくことも大切です。

 稽古は午後8時30分に終了。
 先生も子供たちの体調や稽古の進み具合を見ながら時間を調整しているのかもしれません。

 ですが、このくらいの時間に終了すると自分で練習する時間をとることができます。
 普段、練習しない形を一通り。
 燕飛、観空小、岩鶴、抜塞小、五十四歩大、鉄騎二段など.....
 やらないと忘れてしまうんですよ、とくにおじさんは。
 「人は忘れる生き物」とは誰が言ったでしょうか.....

 いやいや、忘れている訳にいかないんですよ!
 今週も頑張りますか!
 
 

2018が始まりました。

 皆様、平成30年、明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 さて、新年は恒例?の「ラーメン・マラソン」から始まりです。
 道場伝統のこの行事、現在はオリンピックスタジアムの聖火台前から直近のラーメン店までの距離をランニングするというものです。

 以前は道場から直近のラーメン店までランニングしていたのですが、いつのころからかスタートはオリンピック・スタジアムに。
 これは道場至近のラーメン店が見当たらなくなったのが原因。

 今回は国道18号沿いの「やじろべえ」さんにお世話になりました。
 中学生以上はオリンピックスタジアム東側のテニスコートを回って、あとは自由な行程を走ってラーメン店まで。

 管理人もしっかり走りましたがそこで失礼するはずが、結局ラーメンをごちそうになることに。
 これは先生からの道場生への「お年玉」ですね。

 次回の稽古からはしっかり新年の稽古初めです。
 今年もそれぞれの目標に向かって頑張ろう!!

今年最後の稽古

 木曜日の夜、本年最後の稽古が行われました。
 残念ながら管理人は仕事の都合で遅れての参加。
 道場に入ると組手の練習に入っていました。

 「なんだか人が多い」
 そんな感じです。
 今の門下生は全員参加していたようですが、高校生の参加が大きかったですね。
 高校生が男女合わせて4名。
 この子たちはまず「体が大きい」
 次に「動きが大きい」

 要は「体が大きくて場所をとるのが4人いる」ということですね。
 そんな理由からか道場の中が少し狭くなった感じでした。

 そこに管理人が参加したものですから、もう少し狭くなったかも.....

 久しぶりに高校生の男の子と組手をしましたが、身体能力は高いものの空手からは離れていたのですからタイミングが取れなかったんでしょうね。
 管理人と5分5分の内容でしたから鈍っていたんでしょう
 なかなか楽しい練習でした。

 最後に形の打ち終い。
 それぞれが思い思いの形を行って稽古終了です。

 「形の打ち終いでしたが直すところが沢山わかってしまったので新年が楽しみですね。」とは先生の弁。

 整理体操をして稽古の締め。
 道場訓の読み上げを一番年下の男の子に振ってみました。
 これがまたしっかりできること!!
 すげー!!

 とりあえず稽古締めも終わりました。
 あとはそれぞれが自主練習をして稽古初めに備えることですね。
 また来年頑張りましょう!
次のページ

FC2Ad