日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

少ない!

 昨夜は基本重視!  っていつもですけど.....
 その中でも「蹴り」の練習を重点的に行います。

 うちの道場、なんでか知りませんが「蹴り」の練習量は少なめ....
 先生は「空手で一番大事なのは逆突きだ~!」と仰っているのでそれも致し方ないかも知れませんが、そうは言っても空手で一番華麗なのは「一撃必殺の上段蹴り」だとも思うので昨夜の稽古は「おお??」ってかんじです。

 脚の振り上げのウォーミングアップから「回し蹴り」「刻み回し蹴り」等々....
 管理人などは足が上がらず苦労しますが、女の子たちは苦も無く上段に足を上げていきます。
 スゴイよねぇ.....

 蹴りを重点的に練習したので最後に組手を少し練習して、いつもより早めに終了です。

 それから自主練習です。
 先週末、北信越大会が石川県小松市で開催され、どうも全体的に成績が芳しくなかったようでそれぞれが形を練習していました。
 ただ練習するのは良いのですが、しっかりとした姿勢を作って行うなら練習にもなるのでしょうが、手順を追うだけではやらなくても同じことだと思うのです。
 ゆっくり手順を確認しながらもしっかりとした姿勢を保って行わなければ何のためにやっているのかよくわかりません。
 そんな姿が散見されました。

 管理人がひと段落したところを見計らって年中さんの男の子が「平安初段を教えてください」とやってきました。
 しっかりしていて平安初段の手順は全部覚えています。
 ただ立ち方が今一つなので少しアドバイス。
 わかってくれたかな.....

 小さな白帯さんが元気いっぱい稽古しているのは微笑ましいことです。
 その調子で頑張ってね!
 
スポンサーサイト

今週は

 月曜日の稽古は少し遅れての参加。

 管理人が道場に入るころには形を稽古しています。
 平安五段でした。

 準備運動をしてから合流します。
 最後の6挙動を行いますが、管理人が空手を始めたころに比べ少し変わってきています。
 「前屈下段開掌打ち込み」の際に足幅はほぼ一直線に行うというものです。
 確か管理人が初めて習ったころには「足幅は肩幅くらいに」というようなことだったかと思うのですが.....
 時代とともに変わっていくのか、日本空手協会を創始した船越義珍師範に「これでいいのですか?」と聞いてみたいところですが、それは叶わないことです。

 良い悪いは別として、「創始者が定めたものを後の世の者が勝手に変えてよいのか?」と思います。
 当然、創始者は様々な想定をもって一つ一つの形の挙動を定めたはずです。
 それを引き継いできた者が後の世になって「これはこうあるべきではないか?」との疑問をもって手を加えて変更する。
 形の挙動の解釈は何通りもあるかと思いますが、解釈は解釈として、挙動自体を変更することは如何なものかと思うのです。

 それは船越義珍師範の意図するところであったのか?
 実態にそぐわない挙動を効率的な挙動に変更することは確かに「正しいこと」なのでしょう。
 でも、それは「伝統」という面からみると創始者の考えたものが後世の者によって変更されるということは本来の姿ではないのではないのか。

 「使えない技」では困りますが、そうでないのであれば変更する必要はないのではないか。
 そんな風に思います。

 それはさておき、平安五段を一通り通して鉄騎初段に移ります。
 腰の位置を意識して行いました。
 最後の演武では珍しいことに管理人が一抜けしました!!

 組手の稽古では「三本で極める」という稽古を行います。
 一本目で極められなかったことを想定して、二本・三本を考えてそれで追い込んで極める練習だったのですが、子供たちには理解しにくい練習だったかもしれませんね。

 最後に得意形の4分の3を通して終了です。
 ということは次回は全部通しですね。

 頑張らないと!!

木曜日

 体調不良でお休みしていた先生が今週から復活していますが前回の月曜日は管理人、おやすみしていますので今回が久しぶりの通常稽古となりました。

 「今夜は8時30分には終わります」
 稽古の始めに話がありましたが......

 基本が・移動基本が終わって形の稽古に移ります。

 どうも月曜日には平安初段から参段までを行ったようで、平安四段から鉄騎初段までを行う予定です。
 そうは言ってもなかなか進みません。

 30分くらい時間をかけて平安四段を練習して数名づつ演武していきます。
 とりあえず管理人もダメ出しを受けずに上がることが出来ましたが、1挙動・2挙動を手直しされました。

 その後、演武を見ていくと、大体の者が「腰構えからの裏拳打ち」や「後屈両手内受け」などでしっかり腰から挙動を行っていないようです。
 ダメ出しをされた者にはそんなところをアドバイスしました。

 当然、平安五段・鉄騎初段は時間が足りなくなってしまい、それほど時間をかけることができずに一人づつ演武ということに。
 順序は関係なく自己申告で行います。

 管理人も平安五段で行いましたが7挙動目でストップ!!
 前屈下段十字受けの入って行き方が不自然ということで、両手の動きを手直しされダメ出し。
 数名が行ったところで組手に移行

 少し組手を行ってから最後に得意形。
 得意形の前半を通して行い稽古終了です。

 この時点で9時を過ぎていましたが、稽古の締めに「10分くらい自主練習をしていってください」との話。
 結局、いつも通りの目一杯の稽古となりました   チャンチャン

またまた自主練

 昨夜の稽古も自主練習です。

 今回は参加者少なめ....
 中学生3人と小学生2人、そして管理人です。

 でもみんなそれぞれ自分の課題を見つけて練習してます。
 大したもんだよ。

 管理人は基本形から普段やらない形をいろいろと手順の確認で通していました。
 それだけで汗ビッショリです。

 体操をして移動基本をやり、形を行い1時間30分です。
 管理人が胴衣を脱いだところで中学生が「教えてください」

 管理人が普段実践していることをアドバイスしました。
 当人、納得してくれたようですがそれが正解かどうかはわからないよ!
 でも常に気を使うことは解って貰えたかな

 管理人が練習しているところへは口を挟まずに胴衣を脱いで稽古をやめたところで教えを乞いに来る姿勢は素晴らしいと思います。
 「他人を気遣う気持ち」
 大切ですね。

道場は自主練。

 先週、今週と先生の体調不良により道場は自主練習になっています。

 それでも大したものです。
 三々五々集まってきて、自分なりきの練習をしています。

 そういう管理人も普段できない練習や、先日の講習会で教えてもらった動きなどを練習しています。
 小学生の女の子が「燕飛を見てください」とやってきました。
 管理人が大事だと思うポイントを幾つか手直ししてあげましたが、解って貰えたかなぁ......

 普段練習できない、うろ覚えになってしまっている形を幾つか思い出しながら練習していたら、しっかり2時間の自主練習になってしまいました。
 来週からは普段通りの稽古に戻ります。
 今週は明日の木曜日を残すのみ。

 もう少ししっかりやるか!
次のページ

FC2Ad