日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

危険な暑さ!

 木曜日の稽古の時もそうでしたが、夜になってもかなり暑さが残っていますね
 金曜日の稽古は欠席しましたが、いい汗かいちゃいますね!

 さて、今年度最初の昇段審査が行われました。
 松本市波多体育館は風が抜けなくて強烈な暑さ!!
 快晴となった松本地方は外気温はいったいどのくらいまで上がっていたんでしょうか??
 
 帰り道の車の温度計は37度を表示していましたが.....

 午前中は段審査を受ける者の講習会と、組手の強化練習が同時に行われました。
 かなりの人数が体育館内にいたことになります。
 これも暑さの一つの原因.....

 指導する先生方も熱中症で倒れる者続出という状況は避けたかったらしく、随時水分補給の時間をとっていました。
 でも、あの暑さの体育館内ではいるだけで体力消耗です。

 管理人も四段・五段の講習会に参加して、主に形の稽古をみっちり2時間行いました。
 やっぱり年齢層は高めですが、管理人の年齢でも真ん中ぐらいだったんじゃないかな.....
 皆さん、元気とやる気だけはありますねぇ
 スゴイことだと思います。

 午後は審査の本番。
 午前中の参加人数から「これはとてつもなく時間がかかる」と恐れていたのですが、なんの始まってみればいつもより少ない。
 サクサクと終るのならこんな良いことはないのですが、どうも講習会だけ参加して審査を見送った者が多かったのですね。

 道場からは、茶帯3人が受験。
 休憩場所から会場に移動する際に、ちょっとアドバイス。

 まず、なんでもいいから「空元気」を出して行うこと。
 そして、
 ①  移動基本は他の者より大きな気合いをもって行うこと。
 ②  組手は絶対相手より気合いを大きく出すこと。
 ③  形は.....  なんて言ったけ??

 要は「絶対負けない気合いをもって行うこと」です。
 空元気でもなんでも、大きな気合いを出していれば力も入るし、身体も締まる。
 真剣に取り組める。相手に負けない気持ちが生まれる。

 いいことずくめじぁないですか!!
 普段の稽古でもやれ!!

 というアドバイスを3人はどのように受けとったのか、実際の様子を見ているとアドバイス通りやっています。
 これ、嬉しいですよね。
 管理人の言うことを信じてくれている証拠です。

 「仁武館」で空手を学ぶ者が技術が足りない訳はありません。
 「昇段審査」という場でいつも通りの力を発揮していれば、見劣りすることはありません。
 でも、付け加えるならば「気持ち」を強く持って挑んで欲しい。
 「強く」とは「相手に負けない」こと。
 「相手」とは一緒に審査を受ける者とも「自分」とも言えます。

 稽古の時には「そんなんじゃ段審査に受からない。」
 管理人に言われた3人。
 良かったですね。
 3人とも合格できて。おめでとう。

 この後は「試割り」で順番が決められてしまいますね。
 みんなの先輩には、学年上の男の子を差し置いて試割り成功一番乗りを果たした女の子がいます。
 体の大きさとか力の強さではないんですよ

 あー、道場に色帯がいなくなっちゃうじゃん!!
 みなさん、後輩を募集してね!
 
スポンサーサイト

暑い暑い!

 梅雨明け以降、もう一度梅雨が来たようなお天気が続いていました長野市。
 そんな長野市もここ数日は「局地的豪雨」ともいうような激しい夕立?に見舞われています。

 そして昨夜の稽古。
 やっぱり酷い雨になったのですが、一向に涼しくならない
 そんな中で稽古が始まりました。

 今週末には昇段審査があることから先生もそれを見据えての稽古だと思います。
 基本の時間が長い!
 続いての移動基本も長い!

 あ~!! 汗だく!

 組手の稽古に入り相手をとっての打ち込みなどをしばらく行います。
 管理人は中学生を相手に、ちょっと考えます。
 これから全国大会に行くにあたってはサウスポーと当たる事もあるでしょ?

 ですよね?
 だから少し予備知識として「やり難さ」を体感してもらいたくて、左構え
 やっぱりやり難いでしょ?
 中学生の男の子はなんとなくいけそうな気がする??
 
 上段逆突きをきっかけにして連続のコンビネーションに入って行くのが正解? だと管理人は思っているのですけどね。
 いろいろ考えて欲しいところです。

 最後に学年ごとにチームを組んでの団体戦。
 学年に1人しかいなければ相手のチーム3人と総当たり。
 なんとも酷い試合ですが練習にはなりますね。

 管理人が審判を担当します。
 試合前のそれぞれに挨拶をする際、しっかりできていない子がいればやり直し!
 
 ここは「道場」。
 ここではここのルールがあり、それができない者は去ればいい。
 黒帯の先輩が試合が終って待っている態度を注意して直します。
 
 ただ楽しいだけの場所ではありません。
 しっかりそれぞれが真剣に取り組んでこそ、「できる様になる楽しさ」が生まれる場所です。
 先輩を見習って「楽しさ」を見つけていって欲しいですね。

 稽古が締まってから、道場内に見慣れない男の子の姿を見つけました。
 保護者の方もいらっしゃったようなので見学されていのかな?
 管理人はいろいろあってお話も出来ませんでしたが、もしそうであれば今度は道場に入って見学して行ってみていただければと思います。

 2キロは痩せたな

全国大会に向けて

 木曜日。
 通常この日の稽古はありません。
 ですが、今年も全国大会が残すところあと1カ月に迫ってきました。

 以前はほぼ毎日のようにあった全国大会前の練習も、稽古場所の確保が難しくなってしまってからは通常稽古に1日追加できるかどうか.....
 そんな中でも効率よく練習できれば何とかなる???
 それは選手次第ですか.....

 とりあえず管理人も先生のサポートで練習に参加します。
 先生のチェックが入った選手の良くないところを直していきます。

 茶帯の女の子。
 前屈立ちが良くない!

 「下段払いをやってごらん」 
 .......
 「そうだろ、やればできるじゃん」 「できないのは気を使ってないから」
......
 「いつでもそれが出来る様に!」
 ........

 みたいなやり取りがあって.....
 やればできるんです。
 管理人も他人のことは言えないですが。
 良く先生に言われます。  「わかっているのにいつもそうはやっていない」

 それと同じなんですね。
 意識ができない。
 自分の一番良い立ち方を常に行うという意識が出来ていない。

 できるんだから頑張って!!

 最後に組手の試合。
 3人対1人の試合もあったりして、大変なのは重々承知!
 でもね、大会では何試合も勝たなきゃならないんだよ!

 試合の途中、終わった後、アドバイスをしながらの審判役。
 言ったことができると管理人も素直に嬉しい

 今、頑張っておけば後が楽かも???

 んな訳はないですが......

梅雨明けしました

 長野県内というか関東甲信は昨日梅雨明けしました。
 今年の梅雨は意外に短かったような気がしますね。
 それも雨の日が少なかったからに違いない!!

 長野市の気温はぐんぐん上がり、多分??30度を超えていたんじゃないかな.....
 そんな夜の稽古です。
 ちょうど夕立のような強い雨が降っていましたが、金曜日の稽古場所は篠ノ井の川柳公民館。
 ここは空調設備を使うことができるのでエアコンのスイッチオン!

 うん、涼しい!
 なぜか先日の稽古日には全くエアコンが効いている様子がなく、外の方が涼しい想いをして汗だくで稽古していましたが、この日は違いました。

 とは言え稽古が始まってしまえば所詮同じこと。
 大汗かきながらの稽古です。

 管理人もようやく腰の痛みが治まりつつあり、気をつけて動けば痛みも出なくなってきています。
 なので組手もしっかり参加して行いました。

 先生は「出会い」の稽古を行いたかったのですが、色帯から始まった稽古は相手の攻撃が終わった後の「返し」になっていました。
 それもスピードのない、間合いの遠い「返し」でしたね
 そんな感じなので先生の檄が飛びます!

 「そんなこともできないのか? 今まで何度稽古してきた?」
 管理人を含む黒帯が参加してようやく収まりつつあります。

 「組手で大事なことはなんだ?」

 気合い、正確さ、スピード、極め.....
 いろいろと子供たちから出ます。

 「しっかり気合いが入れば、多少技が未熟でも相手に勝ることができる」
 ということで相手を圧倒するような気合いを出すことですね

 最後に子供たちを2つに分けてく組手の試合。
 管理人が審判。

 白帯同士の試合はなかなか優劣を決める決定打に欠けますが、黒帯同士ともなれば緊張の度合いが段違い。
 一瞬も見逃すことができません。
 交錯する拳がどちらが早く相手を捉えていたのか.....  そんなレベルです。
 審判していても気持ちがいいですね!
 

先週は

 実のところ、火曜日の今夜も稽古日なのですが都合で不参加の管理人です。

 先週末の金曜日には遅れての参加でしたが、調子の悪い腰のせいで基本の稽古の途中から子供たちの指導に回っていました。
 「手刀受け」がお題だったのですが、みんなキレが悪い。
 まあ、管理人も大したことはできませんが、多少腰のキレを意識して挙動を行うようにしています。
 その辺りが上手くいかない子が多いですね。

 手は出るけど引っ張り合っていない。
 引き手と出し手の引っ張り合いがしっかりできいないので、腰もキレない。
 そんなところでしょうか。

 白帯の子に「しっかり構えてからやるんだよ」なんてアドバイス。
 それでもなんとなくそれなりにやってくれるのが嬉しい。

 組手と形は普通に参加しました。
 茶帯の女の子との組手は、相手がいろいろできる様にと思ってやっているつもりなのですが、上手くいかない。
 良いところを引き出してやれないのは管理人が下手だから.....

 逆に凹むくらいに相手をしてあげればいいのかな。
 これでも子供たちの相手をするのは結構体力いるんですね。
 エアコンが入っているようなのに大汗かいてやっているのも不思議。

 稽古が締まってから扉を開けると部屋の外の方が涼しい!!

 中学生の男の子に「五十四歩小」の手順を聞かれて、うろ覚えながらやって見せました。
 実は管理人、「五十四歩大」の方はしっかり覚えているんですけどね。
 いろいろ練習しなきゃね。
次のページ

FC2Ad